劇場版“文学少女”

げきじょうばんぶんがくしょうじょ
上映日
2010年5月1日

製作国
日本

上映時間
103分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

野村美月のライトノベル『文学少女』シリーズを、TVアニメ『ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~』の多田俊介監督が劇場アニメ化。物語や文学を愛するあまり、本当に本を食べてしまう“文学少女”と後輩男子のミステリアスな日々を描く。声の出演は「CENCOROLL センコロール」の花澤香菜、「時空警察ハイペリオン」の入野自由など。DLP上映。

「劇場版“文学少女”」のストーリー

高校に入学したばかりの新入生、井上心葉(声:入野自由)は、白い花を満開に咲かせた大きな木蓮の木の下で本を読んでいる女生徒を見つける。その光景に見とれていると、少女は本のページを破って食べ始めた。驚く心葉を、その少女、天野遠子(花澤香菜)は「今日からきみは文芸部に入りなさい」と強引に入部させてしまう。心葉よりひとつ年上の遠子は、物語や文学を愛するあまり、本当に本を食べてしまう“文学少女”であった。そんな彼女の秘密を知ってしまった心葉は、遠子のために“おやつ”を書く日々を送ることになる……。

「劇場版“文学少女”」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「劇場版“文学少女”」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010年5月1日
上映時間 103分
製作会社 “文学少女”製作委員会(エンターブレイン=ポニーキャニオン=ティー・オーエンタテインメント=ランティス=角川コンテンツゲート)(アニメーション制作 Production I.G)
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 不明

「劇場版“文学少女”」のみんなのレビュー