七月の女

しちがつのおんな
上映日
1963年7月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウィリアム・インジの戯曲「バラの死」を、「蛇皮の服を着た男」のミード・ロバーツが脚色し、フランクリン・J・シャフナーが監督したもの。撮影は「ヤング・ガン(1962)」のエルスワード・フレデリックス、音楽はジェリー・ゴールドスミス。出演者は「パリの哀愁」のジョアン・ウッドワード、「史上最大の作戦」のリチャード・ベイマー、「青春の旅情」キャロル・リンレイ、クレア・トレヴァー、ロバート・ウェバーなど。製作はジェリー・ウォルド。

「七月の女」のストーリー

7月のある日、カンサス州サリンソンの町にマネジャー・リッキー、ライラ(ジョアン・ウッドワード)たちのショウ一座がやって来た。ライラは頭の弱いグラマーでリッキーの女だ。車が町へ入ると運転していたリッキーが給油所で働いているガソリン・ボーイ、ケニー(リチャード・ベイマー)にホテルの所在を尋ね、ショウの入場券を2枚やった。リッキーのショウを息子ケニーと見た母親ヘレンは、舞台に立ったライラと旧知の間柄であることを知った。ライラが昔養女だった家がヘレンの隣家で、ケニーが赤ん坊の時ライラに子守をしてもらったこともあった。数日経った。ケニーはすっかりライラにのぼせ、ガール・フレンド、ミリアム(キャロル・リンレイ)をかえりみなくなった。ライラがホテルへ帰ると、意外なことが待ち受けていた。リッキーが金を持ち逃げしたのだ。困ったライラは、しばらくの間、ヘレンの家に厄介になることにした。喜んだのはケニーだ。彼女に接吻しようとしたり、ベッドへもぐり込もうとしたりした。ある夜、リッキーが戻りライラに金儲けの仕事をさせると約束した。が、ストリッパーの仕事と気づいたライラは断った。するとリッキーは彼女を革帯で打ちすえ強要した。その夜、うちひしがれたライラと、彼女を慰めようとするケニーとがついに肉体的に結びついた。やがてライラは怪しげなキャバレーにストリッパーとして出演した。一方、ライラを追って来たケニーは、彼女のストリップを見られなかった。そして目に涙をためてライラに結婚を迫った。ライラは若いケニーのために身を引き、リッキーともきっぱり別れて、ひとり立ちの人生の旅に出るのだった。

「七月の女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「七月の女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1963年7月24日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「七月の女」のみんなのレビュー

「七月の女」のレビューを書く