死線に立つ

しせんにたつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「鉄拳乱舞」「剣難女難」に先んじて作られたリチャード・デイツクス氏第二回主演映画で右記二映画と同じくポール・H・スローン氏が監督したもの。原作はI・A・R・ワイリー氏作の小説でジェームズ・アツシュモア・クリールマン氏が脚色した。デイツクス氏の相手役は「喧嘩両成敗」「トニー大暴れ」等出演のジャクリーン・ローガン嬢と「悲恋の勇士」「小さき巨人」等出演のエドナ・マーフィ嬢が勤め、ジョージ・ナツシュ氏、アーサー・ハウスマン氏等が助演している。

「死線に立つ」のストーリー

米国が世界大戦に参加し第一回出征軍隊が出発の前夜ニューヨークの大ホテルでは送別舞踏会が催された。ジョフレイ・ジャーネルも出征兵士の一人として主席し一人の女性と知り合いになった。その後戦線で件の女性が戦友クライヴ・ロスジェインの妹エリノアであることが解った。出征中に財産を失ったファーネルは戦争が終わると一新聞記者として働かねばならなかった。クライヴは戦死したと伝えられた。ファーネルは主筆から「モップス」コリンスという女に関する事件の探訪を命ぜられた。この女は数回離婚し今ではカフェの踊り子になって当時噂の中心になっていたので好個の三面種には相違なかった。しかし彼は生活に疲れ社会の迫害に苦しんでいるモップスを更に追求して自分の手柄にしたいとは思わなかった。主筆は彼がモップス事件を書かないので首を切ろうとしたがファーネルは一週間以内に特種を見つける約束で首をつないで貰った。数日間彼は一文なしで新聞種を漁り廻った揚げ句法廷で密輸入者として検挙された浮浪者の中に戦死した筈のクライヴ・ロスフエインを発見した。名誉の戦死者が罪人として生きている、ことは確かに特種に相違なかったが奮友の名誉を汚して己が餌食とすることは耐え難いことだった。しかしモップスは薬餌もなく死に瀕し彼自信明白の糧を得難かった。彼は主筆に事件の内容を告げ更にロスフエインの故郷を訪ねた。そしてロスフエイン家の人々、就中エリノアの歓待を受けた彼は人情と仕事の板挟みとなった。彼は腕力にまで訴えて記事掲載を中止させんとしたが「ロスフエイン罪人として現わる」の記事は社会を驚かせた。しかも彼の介抱の甲斐なくモップスは死んでしまった。エリノアは彼を責めにやってきた。主筆は彼が暴行した廉で告訴した。ファーネルの苦衷と努力とは水泡に帰するであろうか。否、すべての事情を知ったエリノアはファーネルの過ちを許した。

「死線に立つ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死線に立つ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「死線に立つ」のみんなのレビュー

「死線に立つ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。