死線突破

しせんとっぱ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「幸運の悪魔」「雨」のウィリアム・ガーガンと「濡れた拳銃」「密林の王者」のフランセス・ディーが主演する映画で、ウォーレス・ウェストの原作をアレン・リヴキンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが脚色し、「熱血撮影隊」のオット・ブラワーが監督、ニコラス・ミュスラカが撮影した。助演は「海の荒鷲(1933)」のラルフ・ベラミー、「最後の一人まで(1933)」のジャック・ラルー、ゴレゴリー・ラトフ、ウォーレス・フォード、ドロシー・バージェス等である。

「死線突破」のストーリー

ビル・アレンは腕利きのニュース撮影技師だったが、女の方にかけても相当の腕利きで、1人の女とは長く遊ばないというのが彼の信条であった。それが大地震に際して市街の被害状況を撮影して回っている中に、これも記事の種探しに歩いていた新聞の婦人記者ジェーン・マロリーと知り合ってから、彼にも始めて真実な恋が芽生える。ジェーンもビルに心を惹かれるが彼女にはハル・コルドウェルという許婚者があるうえに、恋愛よりも仕事を第1とするビルの態度を飽き足らず思い、許婚者のいる南部へ去って行った。その後ある大火を撮影中、相棒のキャメラマン、マイクを亡ったビルは、生命を賭してのニュース・キャメラマン生活に嫌気がさし仕事を外に酒をあおっていたが、ミシシッピイ流域の大洪水と利いて彼のニュース撮影技師魂は奮い立つのであった。飛行機で被害地に赴いたビルは、そこでジェーンとハルに会い、ハルの計らいで、堤の不正工事証拠現状を撮影した。この時、ジェーンの心は再びビルに結び着けられようとするが、堤の不正工事暴露が一個人の生死に関わる事情を聞き、そのニュースの発表を見合わせる約束をビルが破ってしまったので、ジェーンはつくづくジャーナリストの非人情的な仕事に愛想を尽かしてしまう。ジェーンは記者生活を辞めてハルと結婚する決心をし、ハルをともなって編集長のところへ辞職の挨拶に行った時、突如殺人事件の報知が来たので、ジェーンの新聞記者魂はまた眼を覚まして、彼女は許婚者を置きざりにしたまま、駆けだして行ってしまう。この殺人事件の真相をジェーンがつかんだことによって、彼女はギャングの巣窟に監禁されてしまうが、ビルの機智によって無事に救いだされることができた。ハルはジェーンの愛が自分よりもむしろ仕事とビルに向けられていることを知って婚約を解消して去った。

「死線突破」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死線突破」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「死線突破」のみんなのレビュー

「死線突破」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。