死線突破

しせんとっぱ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「幸運の悪魔」「雨」のウィリアム・ガーガンと「濡れた拳銃」「密林の王者」のフランセス・ディーが主演する映画で、ウォーレス・ウェストの原作をアレン・リヴキンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが脚色し、「熱血撮影隊」のオット・ブラワーが監督、ニコラス・ミュスラカが撮影した。助演は「海の荒鷲(1933)」のラルフ・ベラミー、「最後の一人まで(1933)」のジャック・ラルー、ゴレゴリー・ラトフ、ウォーレス・フォード、ドロシー・バージェス等である。

「死線突破」のストーリー

ビル・アレンは腕利きのニュース撮影技師だったが、女の方にかけても相当の腕利きで、1人の女とは長く遊ばないというのが彼の信条であった。それが大地震に際して市街の被害状況を撮影して回っている中に、これも記事の種探しに歩いていた新聞の婦人記者ジェーン・マロリーと知り合ってから、彼にも始めて真実な恋が芽生える。ジェーンもビルに心を惹かれるが彼女にはハル・コルドウェルという許婚者があるうえに、恋愛よりも仕事を第1とするビルの態度を飽き足らず思い、許婚者のいる南部へ去って行った。その後ある大火を撮影中、相棒のキャメラマン、マイクを亡ったビルは、生命を賭してのニュース・キャメラマン生活に嫌気がさし仕事を外に酒をあおっていたが、ミシシッピイ流域の大洪水と利いて彼のニュース撮影技師魂は奮い立つのであった。飛行機で被害地に赴いたビルは、そこでジェーンとハルに会い、ハルの計らいで、堤の不正工事証拠現状を撮影した。この時、ジェーンの心は再びビルに結び着けられようとするが、堤の不正工事暴露が一個人の生死に関わる事情を聞き、そのニュースの発表を見合わせる約束をビルが破ってしまったので、ジェーンはつくづくジャーナリストの非人情的な仕事に愛想を尽かしてしまう。ジェーンは記者生活を辞めてハルと結婚する決心をし、ハルをともなって編集長のところへ辞職の挨拶に行った時、突如殺人事件の報知が来たので、ジェーンの新聞記者魂はまた眼を覚まして、彼女は許婚者を置きざりにしたまま、駆けだして行ってしまう。この殺人事件の真相をジェーンがつかんだことによって、彼女はギャングの巣窟に監禁されてしまうが、ビルの機智によって無事に救いだされることができた。ハルはジェーンの愛が自分よりもむしろ仕事とビルに向けられていることを知って婚約を解消して去った。

「死線突破」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死線突破」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「死線突破」のみんなのレビュー

「死線突破」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません