静かなアメリカ人

しずかなあめりかじん
上映日
1958年6月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「裸足の伯爵夫人」「野郎どもと女たち」のジョセフ・L・マンキーウィッツ監督が、自ら主宰したフィガロ・プロで製作したグレアム・グリーンの原作の映画化。ヨーロッパとアジアの拮抗激しい仏印を舞台に、ヨーロッパ人、アメリカ人の思想の問題や現代人と神の問題等が追求される。脚色もマンキーウィッツ自身が行ない、ヴェトナム・ロケとローマのチネチタ撮影所セットでのキャメラは「空中ぶらんこ」」のロバート・クラスカー。音楽はマリオ・ナシンベーネ。主人公のアメリカ人に「荒野の追跡」のオーディ・マーフィが扮し、「ハッピー・ロード」のマイケル・レッドグレイヴ「乙女の館」のジョージア・モールが共演。「失われた少年」のクロード・ドーファン「他国者は殺せ」のケリマ「巴里野郎」の谷洋子、ブルース・キャボット、フレッド・サドフ等が助演する。撮影にはヴェトナム大統領直接の援助のもと、現地各官庁が協力した。

「静かなアメリカ人」のストーリー

1950年初頭の戦乱に悩む仏印。英国人記者トマス・ファウラー(マイケル・レドグレイヴ)は、ゲン知人の愛人フォアン(ジョージア・モール)と、夕方のカフェで救援物資班員の若いアメリカ人パイル(オーディ・マーフィ)に会った。ニヒルなヨーロッパ人ファウラーと違って理想家肌のパイルは、仏印における共産主義と植民地主義の紛争の解決を、第三勢力の育成によって結論づけた。ファウラーにとって、あまりに楽天的な彼の態度は腹立たしかったが、フォアンとパイルはダンスを楽しんだ。間もなくパイルはフォアンに、ファウラーの了解をえたのち、結婚を申し込んだ。彼女はファウラーに捨てる気のない限り、彼と別れるつもりはないといったが、不安を感じたファウラーは、故国の妻に離婚申し込みの手紙を送った。次に彼がパイルに会ったのは、民族主義集団カオ・タイの本拠をたずねた時だった。第三勢力結集の動きを風評されるテエ将軍の側近将校と何やら秘密あり気に話していたパイルは、彼に自分の自動車が壊れたからと同乗を乞うた。市内に帰る途中、ファウラーの車もガソリンが切れ、水田の監視塔で夜を明かしたが、共産ゲリラが彼等を襲い、ファウラーはパイルに助けられた。入院中、ファウラーの妻からは離婚を拒む手紙がきたが、フォアンを手離したくない彼はこれを隠した。時もとき、ファウラーは中国人ヘンから、パイルがテエ将軍一派にプラスチックを爆弾の原料として供給していることを聞いた。最近頻々と起こるテロは第三勢力を称える彼等の仕事だというのである。怒りを覚えたファウラーが帰った家には、フォアンの姿は既になかった。それから町には、パイルとフォアンの楽し気な姿が見かけられた。そして、あの歴史に新しいガルニエ広場の謎の爆破事件が起こって、多くの女子供が命を失った。これも、パイル一味の仕事なのに違いない。悪意はないにしても、洞察力を欠いた若者の行動。そしてフォアンの挙就。それを考えるとファウラーの思いは複雑だった。その時、再びヘンが訪れてきて、今夜パイルを河畔の料亭へ誘ってくれ、もし彼が承知したら合図して、彼の処置は我々に任せてくれと持ちかけた。ファウラーに呼ばれたパイルは喜んでやってきた。彼は間もなくフォアンを連れて帰米するという。ファウラーの心はゆらいだ。彼は窓に出て合図の印の本をひろげた。そして、その翌日パイルは死体となって発見された。ビゴー警部(クロード・ドーファン)の訪問を受けた彼は、パイルの右翼との提携の噂が虚構のことだったのを知った。警部は同時に故国の彼の妻の離婚承諾の手紙をもってきた。追いつめられたファウラーはフォアンが働いている酒場に走った。しかし、そこにまっていたのは、彼女の冷たい拒絶の言葉だった。

「静かなアメリカ人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「静かなアメリカ人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1958年6月24日
製作会社 フィガロ・プロ映画
配給 松竹=ユナイト
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「静かなアメリカ人」のみんなのレビュー

「静かなアメリカ人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません


「静かなアメリカ人」を観ているあなたにおすすめの映画