シスコ・キッド(1935)

しすこきっど
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「頑張れキャグニー」「太平洋攻防戦」と同じくロイド・ベーコンが監督したジェームズ・キャグニー主演映画で、「運ちゃん武勇伝」のウォーレン・ダフ、シートン・I・ミラーの脚色チームが協力して原作脚色したもの。撮影は「Gメン」「ゴールド・ディガース」のソル・ポリートの担任である。キャグニーを助けて「Gメン」「太平洋攻防戦」のマーガレット・リンゼイ、「国際列車第7号」「南風の恋歌」のリカルド・コルテス、「文無し長者」「その夜」のリリー・ダミタ、「Gメン」「黒地獄」のバートン・マクレーン、ドナルド・ウッズ、ジョージ・E・ストーン、アディスン・リチャーズ、フレッド・コーラー等が出演している。

「シスコ・キッド(1935)」のストーリー

1850年頃のバーバリィ・コーストは賭博屋と魔窟で一杯だった。若い水夫パット・モーガンは、そこに上陸した晩、無頼漢スパイダー・バークの乾分スラッグに不意を打たれ、意識を失ったところを中国通いの船に売り飛ばされようとした。しかし、途中で正気に返りようやく岸に泳ぎ着いたのを古着屋のソロモンが救ってくれた。バットは仕返しにスラッグを待ち伏せて殴り倒し、あべこべに彼を売り飛ばした。これを知ったスラッグの友上海ダックはバットが街の顔役ポール・モーラの経営する賭博場に現れたのを見て彼の命を取ろうとする。大格闘の末バットはダックを殺してしまった。此の機会で彼は「トリビューン紙」の主筆チャールズ・フォードと知己になり、同紙の女社主ジーン・バラットを紹介されて彼女を恋するようになる。間もなく彼は政界の利き者ジェームズ・デーリィに近づき、彼とポールの後援でめきめきと売りだしバーバリィ・コースト切っての顔役となった。「トリビューン紙」はバーバリィ・コーストの浄化運動を始めて彼らを攻撃した。デーリィの差し金でばーくが主筆フォードに決闘を申し込んだが、ジーンの願いを入れてバットはバークを殴り倒して決闘を中止させた。恨みを抱いたバークはバットを射殺せんとしたが、急を聞いて駆けつけたソロモンがその弾丸に当たって死んだ。その夜、バークの死体が海岸通りに縛っていた。ジーンは次第にバットの性格に惹かれていったが、浄化運動が進むに連れて市民とコースト住民の対立は激化し、ついにある朝、ポールは歌劇場で些細な事から判事クロウフォードを射殺した。然るにデーリー運動でポールは釈放され市民の怒りは益々激しくなった。フォードはデーリィを問責し争った末、彼の為に射殺された。市民はついに自警団を組織してバーバリィ・コーストを焼き討ちしポールを捕らえ、又刑務所を襲ってデーリィを捕らえて2人を絞刑に処した。コーストの連中は新聞社を焼き討ちにしようとするが、パットの努力によってそれは納まった。パットもついに捕らえられて、絞刑にされんとしたが、ジーンの証言によって彼の努力が認められ、刑を免ぜられた上にジーンに預けられたのである。

「シスコ・キッド(1935)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シスコ・キッド(1935)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
レイティング

「シスコ・キッド(1935)」のみんなのレビュー

「シスコ・キッド(1935)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/7

香川照之(1965)

99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE

2016年、2018年に放送された人気ドラマの劇場版。99.9%逆転不可能と言われる事件で無罪を勝ち取ってきた型破りな弁護士・深山のもとに、15年前の天華村毒物ワイン事件に関する依頼が舞い込む。その事件には、謎の弁護士・南雲が関わっていた。出演は、「ナラタージュ」の松本潤、「七つの会議」の香川照之、「妖怪大戦争 ガーディアンズ」の杉咲花。監督は、「仮面病棟」の木村ひさし。

バケモン

17年に渡って落語家・笑福亭鶴瓶に密着、その素顔に迫ったドキュメンタリー。コロナ禍でテレビ番組の収録が中止になった2020年、鶴瓶は1時間を超える上方落語の最高傑作『らくだ』をひっさげ、全国ツアーを開始。そこから覗く芸人・鶴瓶の生き様とは。ナレーションを担当したのは、「七つの会議」の香川照之。鶴瓶と交流の深いテレビ番組の構成演出家・山根真吾が演出・構成・撮影・編集を担当。
ニコラス・ホルト(1989)

モンタナの目撃者

アカデミー賞受賞女優アンジェリーナ・ジョリーの『ソルト』以来11年ぶりのアクション映画。アンジーが人間には太刀打ちできない「大自然の脅威」と凄腕の「暗殺者」に行く手を阻まれながらも、少年を守るために戦う森林消防隊員ハンナを演じる。監督・脚本は「ボーダーライン」(2015)で初脚本を務め、監督デビュー作「ウインド・リバー」(2017)で第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞したテイラー・シェリダン。「木を切り、火をおこす方法から教わった」と語るアンジェリーナ・ジョリーは、森林消防隊員のハンナを演じることは大自然でのサバイバルの連続だったと語る。過去に壮絶な事件を”目撃”したことで心に大きなトラウマを抱える森林消防隊員のハンナは、暗殺者による父の死を間近で“目撃”し、父が守り抜いた“秘密”のために暗殺者に追われる少年コナーとタッグを組む。背後に迫る凄腕の暗殺者、目前に立ちはだかる広大なモンタナの大自然に燃え盛る巨大な炎―2つの脅威に行く手を阻まれる極限状態で、少年を守り戦うサバイバルサスペンス。

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

かつてミック・ジャガーが「太陽の果てに青春を」で、故ヒース・レジャーが「ケリー・ザ・ギャング」で演じたオーストラリアの伝説の義賊ネッド・ケリーの生涯を、「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイ主演で描くパンク精神あふれる反逆ムービー。豪アカデミー賞12部門のうち主要3部門で受賞、カルト・ムービーの巨匠ジョン・ウォーターズ監督が“2020映画ベスト10”に選出。1855年にアイルランド移民の長男として生まれたネッド・ケリーは窃盗や強盗を繰り返した無法者だが、現代でもオーストラリアに「ケリーのように勇敢に(as game as Ned Kelly)」という表現があるほど英雄として人気が高い。本作ではそんなネッド・ケリーを、悲惨な境遇から抜け出そうと苦悩し、怒り闘うひとりの若者として捉えたピーター・ケアリーのブッカー賞(イギリス最高の文学賞)受賞小説を原作に映画化。腐敗した権力に屈することを拒否し、兄弟や仲間たちと“ケリー・ギャング”を結成、国中にその名を轟かす反逆者となったネッドの姿を壮絶に描き出している。母親がネッドを売り渡すブッシュレンジャー(盗賊)のハリー・パワーにラッセル・クロウ、ネッドに屈折した想いを寄せ執拗に追い詰める警官のフィッツパトリックにニコラス・ホルト、ネッドの家族に横暴を尽くすオニール巡査部長にチャーリー・ハナムと豪華キャストが結集。「アサシン クリード」でハリウッドに進出したジャスティン・カーゼル監督が新たな伝説を誕生させた。

NEW今日命日の映画人 12/7

該当する人物がいません


「シスコ・キッド(1935)」を観ているあなたにおすすめの映画