トリプルレイプ 夜間高校の美教師

とりぷるれいぷやかんこうこうのびきょうし
上映日
2009年3月25日

製作国
日本

上映時間
60分

ジャンル
エロス

ここが見どころ

不倫の処分で定時制高校に異動となった女教師が、生徒たちとの軋轢と和解を経て教師として成長していく様を描いた成人映画。主演は、ストリッパーを経て映画の世界へ初挑戦となる中條美華。監督は「義母同窓会 息子を食べないで!」の新田栄。

「トリプルレイプ 夜間高校の美教師」のストーリー

東京の定時制高校。卒業試験最中、女教師・岩崎亜希子は赴任当時の自分のことを想い出していた。亜希子は進学校で有名な私立の全日制高校で教鞭を振るっていたが、同僚の教師・西川哲也との不倫が教育委員会にバレてしまう。亜希子の定時制高校への異動で事態は収められたが、亜希子はその処分に納得がいかなかった。定時制高校での最初の授業。亜希子は、生徒たちの学力の低さに驚いた。あの時は、辞めたいと思った。試験監督をする亜希子の目に、ひとりの生徒の姿がとまる。木村竜夫。全日制の高校をドロップアウトした竜夫は、昼間は運送会社で働いている。6月、校長の命令で、亜希子は登校してこなくなった竜夫の様子を見に行くことになった。竜夫の仕事先では、額に汗して働く竜夫の姿があった。竜夫に学校に来ない理由を尋ねると、従業員がひとり事故で入院し、その分、竜夫の仕事が忙しくなってしまったと言う。意地から竜夫の仕事を手伝う亜希子。仕事が終わり、病院に向かう二人。結婚したばかりの同僚は、乳飲み子を抱えている。竜夫は、オーヴァーワークして稼いだ分の給料を、彼に渡していたのだ。竜夫がクラスに戻って来たのは、その二ヵ月後だった。試験監督する亜希子の目に、次に飛び込んで来たのは女生徒でホステスの鈴木かおるだ。男に騙されてばかりのかおるは、ある日、眠剤を飲んで自殺を図る。それを助けたのは亜希子だった。男に騙されないように、少しは頭がよくなるように、定時制に通い始めたのにちっともよくならないと嘆くかおるを、亜希子は慰める。そんなかおるは同じクラスの岸田和彦と恋愛をはぐくんでいた。卒業試験が終わった。そこへ、ひとりの男が亜希子を訪ねて来た。男は岸田の息子で岸田が亡くなったことを伝える。ひとり教室で、岸田の手紙を読んでいた亜希子。そこに覆面をした3人の男(後藤アキラ、古谷五郎、竜夫)が乱入、彼女をレイプした。亜希子を押さえる五郎と竜夫、陵辱するアキラ。彼は、竜夫にも姦れと指示した――実は、アキラと五郎は竜夫のかつての不良仲間。最近、鑑別所から出て来たのだが、竜夫の幸せそうな暮らしぶりに嫉妬して、彼を脅迫したのだ。今の暮しを壊したくない。竜夫は、亜希子を犯した。その瞬間、亜希子はそれが竜夫だと察する。何か事情があるに違いない。されるがまま、身を任した。卒業式を終えて、亜希子は西川と再会する。新しい赴任先を見つけたという西川だが、亜希子はもう一年、定時制高校で教鞭を執る決意をしていた。「私には、ここで生徒たちに教えることがもっとあります」 そう言って、彼女は西川に背を向けるのだった。

「トリプルレイプ 夜間高校の美教師」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「トリプルレイプ 夜間高校の美教師」のスペック

基本情報
ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009年3月25日
上映時間 60分
製作会社 サカエ企画(提供:Xces Film)
配給 新日本映像
レイティング R指定
カラー/サイズ カラー

「トリプルレイプ 夜間高校の美教師」のみんなのレビュー

「トリプルレイプ 夜間高校の美教師」のレビューを書く


「トリプルレイプ 夜間高校の美教師」を観ているあなたにおすすめの映画