死刑台に接吻

しけいだいにせっぷんしけいだいにきす
上映日
1970年6月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

ヒッチコック監督の「見知らぬ乗客」を現代的に翻案したサスペンス・スリラー。製作総指揮はロバート・ゴールドスタイン、製作はハロルド・A・ゴールドスタイン、監督は新鋭のロバート・スパー。「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミスの原作をフランク・ターロフとノーマン・カトコフが脚色。撮影はジャック・マルクェ、音楽はジェームズ・ファガス、編集はマージョリー・ファウラーがそれぞれ担当。出演は「屋根の上の赤ちゃん」のポール・バーク、「謀略ルート」のキャロル・リンレイ、「真昼の衝動」のマーサ・ハイヤー。その他、ピーター・リンド・ヘイズ、フィリップ・ケイリー、スティーブン・マクナリー、ウィット・ビッセル、エレーン・デヴリー、キャスリン・ギヴニーなど。

「死刑台に接吻」のストーリー

ダイアナ(キャロル・リンレイ)は見かけは美しい娘であったが、精神に異常をきたしていたので、彼女の叔母マーガレット(キャスリン・ギヴニー)は主治医のハッジス博士(ウィット・ビッセル)は、彼女を精神病院に入れる相談をしていた。それを盗み聞いたダイアナは、錯乱者特有の鋭利な妄想力を発揮し、恐ろしい計画を考え出した。その対象とされたのは、著名なゴルファーのジェリー(ポール・バーク)であった。現在、彼はマイク(フィリップ・ケイリー)、ピート(ピーター・リンド・ヘイズ)の3人で、選手権争奪戦の最中であった。その彼の前に突然ダイアナが姿を見せ、「好敵手マイクを私が殺すから、そのかわり私の依頼する人を殺して」と“交換殺人”を申し出た。ジェリーは、冗談半分に承諾したが、その会話が録音されていることに気づかなかった。その夜、プレイボーイのマイクが、美人のシャロン(エレーン・デヴリー)に逃げられ1人でいるところを、ダイアナは撲殺してしまった。ダイアナからの電話でこの話を聞いたジェリーは、全然とりあわなかったが、翌日マイクの死体を見て愕然とし、初めて事の重大さに気づいたのだった。当然のことに捜査陣の疑惑は彼に向けられ、担当官ギャビン(スティーブン・マクナリー)の執拗な監視がついた。録音テープをネタに脅されたジェリーは、意を決して博士の事務所に忍び込んだが、彼にはついに殺人は出来なかった。ダイアナの毒牙は、ジェリーの妻リー(マーサ・ハイヤー)に向けられた。夫の無実を信じていた彼女も、証拠のテープをダイアナから聞かされ、信頼が崩れはじめた。決勝戦に勝利をおさめたジェリーが、1人家を出るのを見て、リーは彼がダイアナを殺しに行くと思い、いそいでダイアナの家へ走った。そこで、待ちかまえていた彼女に、水中銃で無人の砂浜を追われたが、危機一髪で命をとりとめた。そして、彼女は事件のすべてが、ダイアナの精神錯乱からひき起こされたことを知り、夫の無罪と無事を確信した。(ワーナー配給*1時間47分)

「死刑台に接吻」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死刑台に接吻」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年6月20日
製作会社 ロバート・ゴールドスタイン・プロ作品
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「死刑台に接吻」のみんなのレビュー

「死刑台に接吻」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません