死刑5分前

しけいごふんまえ
上映日
1955年6月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「白い羽根」のレオナード・ゴールドスティーン・プロの1954年製作ギャング映画。「六つの橋を渡る男」のシドニー・ボームが脚色、「デカメロン夜話」のヒューゴー・フレゴニーズが監督に当たった。製作はロバート・ゴールドスタインである。撮影は「凸凹海賊船」のスタンリー・コーテス、音楽は「コロラドの決闘」のポール・ダンラップである。主演は「欲望の谷」のエドワード・G・ロビンソンで、「長い灰色の線」のピーター・グレイヴス、「アリゾナの勇者」のジーン・パーカー、「長い灰色の線」のミルバーン・ストーン、「裸足の伯爵夫人」のウォーレン・スティーヴンスなどが助演する。

「死刑5分前」のストーリー

殺人鬼ヴィンセント・キャネリ(エドワード・G・ロビンソン) はシンシン監獄の独房で明日火曜日に迫った死刑執行を待つ身であった。隣の独房にいる殺人犯ピーター(ピーター・グレイヴス)もやはり明日電気椅子にかけられることになっていた。しかし、キャネリの情婦ハティ(ジーン・パーカー)は看守長ノリスの娘エレンを誘拐し、父親を脅迫して、死刑執行当日立会人の椅子の下にピストルをかくしておくことを約束させた。当日社命で死刑に立ち会うことになった新聞記者カースンは、監獄へ行く途中キャネリの配下ジョーイに襲われ、立合証明書と身分証明書を奪われてギャングの巣窟に連れ去られた。新聞記者カースンに化けたジョーイはうまく死刑室に入りこみ、看守長のかくしたピストルを引き抜いて、看守長と看守を1人射殺した。そのすきにキャネリは鍵束を奪い、ピーターほか3人の死刑囚を助け出した。看守たちと囚人たちの間に烈しい撃ち合いが始まり、ピーターは胸に重傷を負った。キャネリは用意してあった車に立会人の牧師、医者、看守の3人を人質として乗せ、ジョーイ、ピーターとともに彼らのアジトの倉庫へ逃げて来た。そこにはハティ以下の一味とエレンと新聞記者がいた。ピーターの負傷で、飛行機による国外逃亡の計画実行が不可能になったキャネリは、ピーターを責めて彼がかくしてある20万ドルのありかを知ろうとした。翌日ピーターはハティに附添われて銀行へその金をとりに行ったがそのとき傷口が裂け、血の指紋を後に残して来てしまった。銀行員は直ちに警察に知らせた。倉庫でキャネリが不要となった人質を片附けようとしているとき、警察は倉庫を包囲し、銃撃戦が展開された。屋根裏へ追いつめられたキャネリは包囲をとかねば30分ごとに人質を1人ずつ殺すと宣言したが、ハティが流れ弾に当たって死んだと知って絶望のあまり気狂いのようになり、牧師を殺そうとして、良心にめざめたピーターに射殺された。倉庫の扉を開いて武器を捨てたピーターは警官隊の猛射撃の前に、短い一生を閉じた。

「死刑5分前」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死刑5分前」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1955年6月29日
製作会社 L・ゴールドスティーン映画
配給 ブレイクストン=新外映
レイティング

「死刑5分前」のみんなのレビュー

「死刑5分前」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません