私刑街

りんちがい The Big Operator
上映日
1960年3月11日

製作国
アメリカ

上映時間
91分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ポール・ギャリコの原作をロバート・スミスとアレン・リヴキンが共同で脚色したアクションドラマ。監督はチャールズ・ハース。撮影はウォルター・H・キャッスル、音楽をバン・アレクサンダーが担当。出演は「地獄の待合室」のミッキー・ルーニー、「さすらい」のスティーヴ・コクラン、「非情の青春」のマミー・バン・ドーレン、他にメル・トーメ、レイ・ダントン、ジム・バッカスら。製作レッド・ドフ。

みんなのレビュー

「私刑街」のレビューを書く

「私刑街」のストーリー

労働組合を暴力で牛耳っているジョー・ブラウン(ミッキー・ルーニー)は、上院調査委員会に召喚された。彼は憲法を楯に、自分の非法をいいのがれるのに成功した。彼は委員会の質問で、子分の殺し屋ウェッツェルを見たことも、会ったこともないといった。しかし、組合員のギブスン(スティーブ・コクラン)とマッカーフィー(メル・トーメ)は、ジョーとウェッツェルが話している現場を目撃していた。この2人の口を封じなければ、ジョーは偽証罪で告発される。彼は賄賂を使って2人を買収しようと試みたが、拒絶された。残る手段は暴力のみ――。まずマッカーフィーがジョーの手下によって葬られた。が、ギブスンは屈しなかった。怒ったジョーは彼に隠れ家で凄惨な私刑を加えた。ギブスンの信念は固まるばかりだった。最後の手段として、ジョーは彼の妻メアリー(マミー・ヴァン・ドーレン)と息子を拉致した。ギブスンは目隠しされて家に戻された。隠れ家の所在はわからない。妻子の命が危ない。警察に通報した彼は、パトカーに乗って記憶をたどりながら隠れ家を探した。ついにジョーの本拠をつきとめることに成功した。ジョー一味は逮捕され、メアリーと愛児は無事にギブスンの元に帰った。

「私刑街」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「私刑街」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1960年3月11日
上映時間 91分
製作会社 アルバート・ザグスミス・プロ映画
配給 NCC
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ
音量 モノラル

「私刑街」のみんなのレビュー

「私刑街」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。