幸せの向う側

しあわせのむこうがわ
上映日
1992年8月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

幸福な家庭と名声を持つ女性が、夫の死をきっかけに直面する出来事を描くサスペンス映画。監督はイギリスの俳優リチャード・ハリスの息子でこれが長編第1作となるダミアン・ハリス、製作は「グレムリン2 新・種・誕・生」のマイケル・フィネル、ウェンディ・ドゾレッツ、エレン・コレット、エグゼクティヴ・プロデューサーはテリー・シュワルツと「マイ・ブルー・ヘブン」のアンシア・シルバート、脚本、原案は「愛に翼を」のメアリー・アグネス・ドナヒュー、共同脚本はデレク・サンダース、撮影は「ルーキー」のジャック・N・グリーン、音楽は「レス・ザン・ゼロ」のトーマス・ニューマンが担当。

みんなのレビュー

「幸せの向う側」のストーリー

ニューヨークで美術品修復を手掛けるエイドリアン・ソンダース(ゴールディ・ホーン)は仕事の関係で知り合ったジャック(ジョン・ハード)と結婚して6年目。娘メリー(アシュレー・ペルドン)と3人幸福な生活を送っていた。しかし、美術館で働く夫が買いつけたネックレスが贋作とすり替えられる事件が発生してから、2人の間には微妙な隙間が生じ始めた。そしてジャックが自動車事故で死亡してしまい、その直後に、実は夫ジャックは名前を偽っていた別の人間で、夫が名乗っていたジャックは何年も前に死んだはずの人間であったことを社会保障の登録番号から知ったエイドリアンは、夫の正体を探し始める。彼の母親や知人と会ううち、夫が二重結婚をしていて、しかも事故死と見せかけて存命していることがわかるが、その頃夫は娘を人質にして逃亡していた。夫を追いかけるエイドリアンは、ついに建設中のアパートの中で再会することができた。秘密を守るため、彼女を殺そうと迫る夫にエレベーターの中に追いつめられるが、エレベーター本体がないことに気づかない夫は足を踏みはずし転落死してしまう。数日後、荷物を整理し、娘と2人で再出発を誓うエイドリアンの姿があった。

「幸せの向う側」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「幸せの向う側」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992年8月22日
製作会社 マイケル・フィネル・プロ作品
配給 タッチストーン=ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「幸せの向う側」のみんなのレビュー

「幸せの向う側」の多彩なBlu-ray/DVD