シーサイドの男

しーさいどのおとこ
上映日
1965年6月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・メレディス・ルーカスの原作を、ジョン・マントリーが脚色、ウィリアム・コンラッドが製作・監督した、怪奇的な青春映画。撮影は「野望の系列」のサム・リーヴィット、音楽は「ミスタア・パルバー」のジョージ・ダニングが担当した。出演は「遠い喇叭」のトロイ・ドナヒュー、舞台出身の新人ジョーイ・ヒーザートンのほかに、バリー・サリヴァン、ジャネット・ノーランなど。

「シーサイドの男」のストーリー

実業家ジュリアン・メリディの娘ジュリー(ジョーイ・ヒーザートン)は恋人のハリーと車をとばしていた。その時、車の前に1人の青年がとびだしてきた。彼はベン・ガンサー(トロイ・ドナヒュー)と名のり、ジュリーを見るなり、“バーバラ”とつぶやいた。ジュリーはこの見知らぬ青年を家につれて帰った。叔母サラは、彼の名をきくと奇妙な話をした。バーバラというのはジュリアンの曽祖母で私生児を生み、父親の名がベン・ガンサーだったという。それからの数日は不思議なことの連続だった。ベンはジュリーに百年前の古めかしいロケットを渡し、その中にはジュリーと瓜二つの肖像画があった。またベンは彼女を洞窟にさそい、ここで愛を語りあったといった。。数日後、別荘の管理人が殺された。ベンに容疑がかかり、彼はジュリーをつれてヨットで駆け落ちした。警察からの連絡で、ベンのヨットは盗まれたものであり、持ち主は殺されたことがわかった。ヨットの中でジュリーは、昔のベン・ガンサーの日記を発見した。1874年の日記には、当時の2人の悲しい恋物語が記されていた。ジュリーはベンに発見され、一瞬激しい戦慄を覚えた。彼は精神異常者なのだ。やがてヨットは警察に発見されたため、2人は砂浜にあがった。そこへ追ってきたハリーがベンと高い塔の上で格闘した。ベンはハリーの首を絞めかかったが逆に塔から落ちていった。

「シーサイドの男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シーサイドの男」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年6月12日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「シーサイドの男」のみんなのレビュー

「シーサイドの男」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「シーサイドの男」を観ているあなたにおすすめの映画