哀愁物語

あいしゅうものがたり
上映日
1956年12月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

劇作家ロバート・E・シャーウッドが書いた『ウォータールー橋』の再映画化(「ウォタルウ橋」'31、「哀愁」'40)。脚色は「掠奪された七人の花嫁」のコンビ、アルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチに「僕は戦争花嫁」のチャールズ・レデラーが協力し、「メリイ・ウィドウ(1952)」のカーティス・バーンハートが監督した。撮影は「リリー」のロバート・プランク、編曲はコンラッド・サリンジャー、音楽監督はチャールズ・ウォルコットが担当。主題歌Where or Whenの作曲はリチャード・ロジャース。出演は「ガラスの靴」のレスリー・キャロン、「蜘蛛の巣」のジョン・カーを中心にサー・セドリック・ハードウィック、マーガロ・ギルモアなど。エドウィン・H・ノッフ製作。

「哀愁物語」のストーリー

両親のない美しいパリジェンヌ、ギャビイ(レスリー・キャロン)は、戦時中、ロンドンでバレーのダンサーをしていたが、ある日、バスの停留所で米落下傘部隊のグレッグ(ジョン・カー)と知り合う。彼はギャビイの身分を知らぬままコヴェット、ガーデン劇場に来て彼女を舞台に見出し、2人の友情は急に開ける。2人はいつか真剣に恋し合うようになるが、グレッグの親戚で富豪のカーリントン夫人(マーガロ・ギルモア)が骨折ってくれても、簡単には結婚の手続きが出来ぬまま、グレッグは戦線へ向かうことになる。駅頭で涙の別れを告げて間もなく、戦死の知らせがもたらされた。生きる目的を失ったギャビイは、いつか兵隊相手の夜の女に転落し、カーリントン夫妻の慰めにも横を向くようになった。ところが程なくフランスからグレッグが負傷はしたが元気で帰ってくるとの電報が来た。楽しいはずの婚約披露宴もギャビイには悩みの種。結婚を諦めた彼女は驚くグレッグに総てを打ち明け、霧深いロンドンへさまよい出た。一時は茫然としたグレッグも愛するギャビイを追って駆け出す。折から空襲警報。爆煙の中に再会した2人は永遠の愛を誓いつつ歩み去って行った。

「哀愁物語」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「哀愁物語」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1956年12月15日
製作会社 MGM映画
配給 ブレイクストン=映配共同
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「哀愁物語」のみんなのレビュー

「哀愁物語」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/9

木梨憲武(1962)

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

ライダーたちが時空を超えて戦いを繰り広げる特撮TV『仮面ライダージオウ』の劇場版。50年後に自分が世界を支配する魔王オーマジオウとなることを知った常磐ソウゴ。ついにその時がきたが、歴史の管理者クォーツァーが現れ、王誕生に隠された陰謀が明らかになる。奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らレギュラー陣に加え、ダンス&ボーカルグループのDA PUMP、「旅猫リポート」の前野朋哉、「覚悟はいいかそこの女子。」の若林時英らがゲストキャストとして参加。同時上映は「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」。

いぬやしき

「GANTZ」の佐藤信介監督が、同作の原作者・奥浩哉の漫画を木梨憲武×佐藤健主演で実写化。謎の事故に巻き込まれ、超人的な能力を得た初老のサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓。犬屋敷は人を助けることに奔走する一方、獅子神は悪事に手を染めていき……。共演は「鋼の錬金術師」の本郷奏多、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、「グッモーエビアン!」の三吉彩花、「もういちど」の福崎那由他、「愚行録」の濱田マリ、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「新宿スワン」シリーズの伊勢谷友介。脚本を「映画 ビリギャル」の橋本裕志、音楽を「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のやまだ豊が務める。
千葉雄大(1989)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

恋人がスマートフォンを落としたのを契機に過去を暴かれ命を狙われるミステリー「スマホを落としただけなのに」の続編。連続殺人事件から数ヶ月後、同じ現場から次々と若い女性の遺体が見つかり、刑事の加賀谷は先の事件で逮捕した浦野に捜査協力を依頼する。前作に引き続き「リング」の中田秀夫がメガホンを取り、刑事・加賀谷役の千葉雄大、連続殺人鬼・浦野役の成田凌が続投。謎の男から狙われる加賀谷の恋人・美乃里を乃木坂46の白石麻衣が演じる。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

NEW今日命日の映画人 3/9

該当する人物がいません


「哀愁物語」を観ているあなたにおすすめの映画