あの日あのとき

あのひあのとき
上映日
1956年10月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ ラブロマンス

ここが見どころ

「夢去りぬ」に次ぐチャールズ・ブラケット製作のロマンチック・ドラマ。原名の6月6日とは第二次大戦で連合軍がノルマンディ上陸作戦を敢行した日付である。ライオネル・シャピロの同名ベスト・セラー小説を、アイヴァン・モファットと「陽の当たる場所」のハリー・ブラウンが共同脚色、「美わしき思い出」のヘンリー・コスターが監督した。撮影は「脱獄囚」のリー・ガームス、音楽はリン・マレー。主演は「古城の剣豪」のロバート・テイラー、「暁の出撃」のリチャード・トッド、イギリス出身の新星ダナ・ウィンター、他にエドモンド・オブライエン、ジョン・ウィリアムス(1)等。

「あの日あのとき」のストーリー

1944年6月6日。連合のノルマンディ大反撃開始の記念すべき日。イギリスから上隊部隊を乗せて出航したある船にイギリスのジョン・ウィンター中佐(リチャード・トッド)とアメリカのブラッド・パーカー大尉(ロバート・テイラー)が乗り合わす。二人の態度から、過去、同一の女性に係わりのあったことがうかがえた・数年前、アメリカに妻を残して出征したブラッドはロンドンの米上陸作戦総司令部付となり、ティマー中佐(エドモンド・オブライエン)の許で働くことになった。中佐は出世欲に燃えているが民間出身なので、出世の早い職業軍人に反感を抱いていた。そうした折、ブラッドは米兵といざこざを起した退役準将ラッセルの事件から、ラッセルの一人娘ヴァレリイ(ダナ・ウィンター)を知った。彼女は許婚ジョンを北阿戦線へ見送って間もなく、アメリカの赤十字に勤めていたが、以来、ブラッドと食事を共にする迄親しくなる。やがてジョンの部隊が大損害を受けたとの情報。ヴァレリイはブラッドとの深入りを恐れ彼を避けるが、ある日再び彼に合い夕食を約束してしまう。だがブラッドはディエップに上陸を試みるカナダ軍の見送りに、中佐に従ってサザンプトンへ行かねばならなくなる。さらに彼は、功名のため独断で奇襲部隊に従った中佐の帰りを持っていたためヴァレリイに会えなかった。上陸作戦は失敗し辛うじて戻ったティマー中佐は、陸士出のライヴァルの昇進で出世の夢も破れる。やがてアルジール転勤のため、出発間際ヴァレリイに暇乞いに行ったブラッドは、彼女が復役志願を不許可になった父親の自殺で帰宅したため会えずに終る。ヴァレリイを忘れられないブラッドは遂にティマー中佐が訓練している反攻撃戦の志願兵に応募、ロンドンの訓練所に戻る。だがヴァレリイと会うブラッドの前に負傷したジョンが帰って来た。ジョンは二人の仲を知るが立去る前、ヴァレリイに引止められ、ブラッドは一人淋しく任地へ出発。数ヵ月後ロンドンに出たブラッドは、ジョンと結婚せねばならないというヴァレリイの告白に所詮結ばれぬ恋とあきらめる。心労から精神異状となった中佐に代り、ジョンがブラッドの上陸部隊の指揮官となり奇しくも同じ船に乗り合わせたのだった。作戦は成功したがブラッドは負傷、だがジョンはブラッドが送還された日、地雷にかかって戦死した。サザンプトンの病院にブラッドを見舞ったヴァレリイは許婚ジョンの死を知らぬ彼に何も告げず、所詮ブラッドも結ばれぬ縁と、彼の幸福を祈りつつ立去った。

「あの日あのとき」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あの日あのとき」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年10月5日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「あの日あのとき」のみんなのレビュー

「あの日あのとき」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。