処刑ライダー

しょけいらいだー
上映日
1987年2月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

凶暴な不良グループと、人並みはずれたパワーを授かった謎のライダーとの戦いを描く。製作はジョン・ケメニー、脚本・監督は「ホットドッグ」のマイク・マーヴィン、撮影はリード・スムート、編集はスコット・コンラッド、音楽はマイケル・ホーニッグとJ・ピーター・ロビンソンが担当。出演はチャーリー・シーン、ニック・カサヴェテス、ランディ・クエイドなど。ドルビー・ステレオ。

みんなのレビュー

「処刑ライダー」のストーリー

アリゾナ砂漠の中のブルックスという小さな町で、ある日、不良一味の残忍な手口によって1人の青年ジェイミーが殺された。それは町のごろつき一味のボスであるパッカード(ニック・カサヴェテス)が、ジェイミーの恋人のケリー(シェリリン・フェン)を自分のものにしようとしての犯行だった。しばらくして、驚異的なパワーをもった車を運転する謎の男が現われ、パッカード一味にカー・チェイスを挑んできた。男はパッカード一味を、カー・チェイスで次々と事故死させていく。町の保安官ルーミス(ランディ・クエイド)は、連続事故の調査を続け、謎のライダーが、かつてパッカード一味に殺されたジェイミーの弟ビリー(マシュー・バリー)と繋がっていることをつきとめた。そして、ケリーが夢中になっている町で見かけないジェイク(チャーリー・シーン)と謎のライダーが、なぜか同じ時に、同じ場所に姿を現わすこともわかった。謎のライダーは、パッカードが1人になるまで一味を殺し続ける。一方、パッカードも、しつこくケリーを追い、自分のものにならなければ殺すと強迫し続けた。そして遂に謎のライダーはパッカードを血祭りにあげる。車をプレゼントされたビリーは、ジェイクとジェイミーが同一人物であることをやっと知ることができた。使命をすべて果たしたジェイクは、待っていたケリーをバイクに乗せると何処へともなく走り去っていった。

「処刑ライダー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「処刑ライダー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1987年2月21日
製作会社 ニュー・センチュリー・プロ作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「処刑ライダー」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。