少年メリケンサック

しょうねんめりけんさっく SHONEN MERIKENSACK
上映日
2009年2月14日

製作国
日本

上映時間
125分

ジャンル
コメディ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

25年ぶりに再結成したパンクバンド「少年メリケンサック」と、そのマネージャーとして振り回される宮崎あおいの行動を追ったナンセンス・コメディ。宮藤官九郎のオリジナル脚本を、自身が監督。「真夜中の弥次さん喜多さん」以来の監督作となった。ヒロインは、「害虫」「陰日向に咲く」をはじめ、NHK大河ドラマ『篤姫』で人気を得た宮崎あおい。他の出演者に、佐藤浩市、ユースケ・サンタマリア、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲなど。また、日本のパンクミュージシャンを代表する遠藤ミチロウ、日影晃、仲野茂らも出演している。

「少年メリケンサック」のストーリー

レコード会社に勤める契約社員のかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでパンクバンド「少年メリケンサック」を発見して、社長の時田(ユースケ・サンタマリア)に報告する。元パンクバンド出身の時田は大乗気になって、彼らと契約を結ぶことをかんなに命じた。そうして、かんなが訊ねた高円寺の居酒屋にいたのは、やさぐれた中年のアキオ(佐藤浩市)だった。動画サイトにアップされていた映像は、彼らの25年前のライブだったのだ。バンドを再結成して欲しいというかんなの要請にオッケーしたアキオは、その代わりオリジナルメンバーの全員を集めよと命じる。実は、アキオと、彼の実弟であるハルオの間には、しゅうしゅく修復不可能なくらいの溝が深まっていたのだ。それでも、なんとかハルオを説得し、ジミー(田口トモロヲ)やヤング(三宅弘城)といったオリジナルメンバーが集まって、練習を開始する。時田が流した「少年メリケンサック」の映像は10万ヒットという爆発的なヒットを記録して、地方のライブハウスでのツアーも次々にブッキングされていった。ワゴンでツアーを続けるかんなは、メンバーたちの傍若無人な振る舞いにつくづく嫌気がさしていく。ささくれた彼女の心を癒してくれるのは、恋人である売れないミュージシャンのマコト(勝池涼)だけだった。そんなマコトも、かんなのいない間にアルバイト先の女の子と浮気していたことが発覚して、かんなの怒りは爆発する。同じ頃、アキオとハルオもステージ上でケンカして、ツアーのファイナル前にお互いの腕を折るという最悪の結果になった。テレビ出演も果たし、「少年メリケンサック」への注目度が最高潮になった最後の東京ライブ、仲直りしたアキオとハルオが二人でギターを演奏するという異例のステージになった。ベースは、頭をモヒカンにしたマコトが担当した。新生「少年メリケンサック」、復活か?そして、ボーカルのジミーは再び気を失った。

「少年メリケンサック」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「少年メリケンサック」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009年2月14日
上映時間 125分
製作会社 「少年メリケンサック」製作委員会(東映=テレビ東京=小学館=バップ=木下工務店=東映ビデオ=大人計画=吉本興業=ミュージック・オン・ティヴィ=ViViA=ディーライツ=テレビ大阪=ヒラタオフィス)
配給 東映
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「少年メリケンサック」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません