ショウ・ボート(1929)

しょうぼーとしょーぼーと
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アンクル・トムス・ケヴィン」と同じくハリー・ポラード氏が監督完成したユ社作品で、エドナ・フォーバー女史の名高い小説を映画化したものである。撮影台本を執筆したのは「人生交響楽」「情熱の砂漠」のチャールズ・クニョン氏で、「都会の哀愁」「人生交響楽」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影した。主役マグノリアに扮するのは「うわさ」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢であるが、それを助けて「キング・オブ・キングス(1927)」「ダニューブの漣」のジョセフ・シルドクラウト氏、「紳士は金髪がお好き(1928)」「君が為め命捧げん」のエミリー・フィッツローイ嬢、「天晴れ名騎士」「幸運デニー」のオーティス・ハーラン氏、「サロメの心」「サイベリア」のアルマ・ルーベンス嬢「私のパパさん」のジェーン・ラ・ヴァーン嬢等が出演している。トーキー版はパート・トーキーであるが、これにはプロローグとしてフレンツ・ジークフェルト氏が舞台に上せた時のものを舞台におけると同じ役割によってアーチ・ヒース氏監督の下に抜粋撮影したものが添えられている。トーキー版の台詞はポラード氏自身がトム・リード氏と協力して作ったものによった。なお伴奏はジークフェルド氏が舞台に上せた時のものによってヨセフ・チェルニアウスキー氏が編曲したものである。

「ショウ・ボート(1929)」のストーリー

見世物船コットン・パレース船の長アンディー・ホークスとその妻パーシーを両親にもったマグノリアは幼いころから黒人の唄や踊りを習うことに興味をもっていたが、彼女を女優にさせたくない母親のパーシーは彼女に峻厳な教育をさずけていた。だが、数ケ年後、マグノリアは母の意志に反してショー・ボートのスターとして人気を集めるようになった。そして彼女はニュー・オーリンズの波止場で合った美青年ゲイロード・ラヴェノールを船に招じ共演者として船の舞台に立ってもらううち恋に陥ち父親の黙過によって駈け落ちした。結婚した2人が再び見世物船に戻ってある嵐の夜、父親アンディーは激浪にのまれて行方不明となった。2人の間にはキムという女児が生れたが母親の圧迫に忍びきれなくなったマグノリア夫婦は船を捨てた。だがもともと賭博師であったゲイはこれを良い機会にしてマグノリアの金を残らず賭博に費用してしまった。夫婦は窮迫のどん底におちた。ゲイは妻への申訳なさのため家出した。マグノリアに切に帰船を求める母の申出をしりぞけジョッパー・ミュージック・ホールの舞台に立った。それから20年の舞台生活がつづいた。その後、舞台から引退して帰船すようとすると娘の帰船の喜びから哀れ母は心臓麻痺で世を去った。マグノリアは母の後をついて見世物船の興行を続けた。ある秋の夕、ゲイがミシシッピーの河岸を歩いていた時、彼は思わずも昔懐かしい船を見、音楽を聞いた。マグノリアに愛着を覚えながらも合う決心の鈍っていた彼は知らず知らず船にひきよせられた。そこにはいとしい妻がいた。聞きなれた曲の流れがあった。憂きこと辛きことも今はただ思い出となった。優しかった父、きびしかった母、数知れぬ舞台の記憶、そして窮迫のころ修道院に入れた我が子キムからの嬉しい便り--マグノリアは良人と相擁してそれらの回想にふけった。

「ショウ・ボート(1929)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ショウ・ボート(1929)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング

「ショウ・ボート(1929)」のみんなのレビュー

「ショウ・ボート(1929)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。