少年の黒い馬

しょうねんのくろいうま
上映日
1980年12月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

海難事故から奇跡的に生きのびた11歳の少年と黒いアラブ馬の愛情深い触れ合いを描く。製作総指揮はフランシス・フォード・コッポラ、製作はフレッド・ルースとトム・スターンバーグ、監督はキャロル・バラード。ウォルター・ファーリーの原作を基にメリッサ・マシソン、ジーン・ローゼンバーグとウィリアム・D・ウィットリフが脚色。撮影はキャレブ・デシャネル、音楽はカーマイン・コッポラ、編集はロバート・ダルヴァが各々担当。出演はケリー・レノ、ミッキー・ルーニー、テリー・ガー、クラレンス・ミューズ、ホイト・アクストン、マイケル・ヒギンズ、エドワード・マクナマラ、ドグミ・ラルビ、クリステン・ビガードなど。

「少年の黒い馬」のストーリー

1946年、地中海北アフリカ沖。少年アレック・ラムジー(ケリー・レノ)は、考古学者である父(ホイト・アクストン)と共に中近東の旅に出ていた。船であちこちを走り回るうちに、アレックは、ある港で積み込まれた一頭の黒い馬に目を奪われた。それは、野生のアラブ馬で、特別船倉に収容されるのを嫌がり暴れている、見るからに精悍そうな馬だった。ある日、父が船客たちとのギャンブルで持ってきた短剣と小さな馬のイコン(彫り物)を手にしたアレックは、それを大切な宝にした。その日の夜、突然嵐が起こり、船は転覆し、アレックは、海に投げ出された。と、その時もう一つの影が嵐の海の中に飛び込むのがアレックの目に映った。それはあの黒馬だった。しかし、そこで彼は意識を失った。気がついてみると、アレックは、ある無人島に流されており、横たわっている岸辺の片わらには、例の短剣と馬のイコンがころがっていた。アレックは黒馬を探した。そして、ロープが岩にはさまれ、もがき苦しむ馬の姿を発見した。助けられた馬は、自由を取り戻し海岸線に向って走り出した。そんな馬の姿を見て友だちになりたいと願ったアレックは、馬に親しみをこめて近づくのだったが、野生の馬はそれを拒否した。ある日、アレックは浜辺で猛毒をもつコブラに襲われかかるが、危いところをあの黒馬に助けられた。それから、遂に馬は少年の手から海草を食べ、やがて少年を背中に乗せ、波打際を走った。アレックは、馬と心が通じたことを感じ感激した。孤島に流されてから6カ月たったある日、一隻のイタリア漁船が偶然島を通りかかり、アレックと馬が発見された。ニューヨークに戻ったアレックは、我が子の生還に歓喜する母ベル(テリー・ガー)に,生死を共にした黒馬を飼うことをねだった。ベルの許可を得たアレックは、黒馬にブラックと名づけ、可愛がるが、ブラックは、突然の文明生活にはなかなか馴れず、近所で問題ばかり起こした。庭を荒らし、どこへともなく走り去ったブラックを追って、アレックはとある牧場にたどり着いた。そこは、ヘンリー(ミッキー・ルーニー)という元ジョッキーで名調教師だった初老の老人の家で、彼は昔の夢を追ってひっそり暮していたが、ブラックを一目見るなり、アレックにブラックの調教を申し入れ、アレックは快くOKした。翌日から、アレック、ヘンリー、その親友スノー老人(クラレンス・ミューズ)の3人によるブラックの調教が開始された。みるみるうちにブラックの速度は増し、ある夜、3人は市の競馬場でこっそりブラックを走らせてみた。そこでの好記録で自信をもったヘンリーは、競馬界の実力者で人気スポーツ・アナのネビル(マイケル・ヒギンズ)にブラック対サラブレッドのマッチ・レースの相談をもちかけ、ネビルはそれを承諾した。世紀のレースがシカゴで開催された。固唾をのんで見守る観衆の前でブラックに股がったアレックが登場した。敵は全米最強のサイクロン号とサン・レイダー号。いよいよ、スタートし、激しいレースが展開された。出足は不調だったブラックも、先を行く馬ににじりより、じわじわと実力を発揮し出した。そして、ムチも手綱も使わないアレックのリードに従うブラックは、遂に先行馬を追い抜き、栄光のゴールを踏むのだった。

「少年の黒い馬」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「少年の黒い馬」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980年12月20日
製作会社 オムニ・ゾーイトロープ作品
配給 ユナイト映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「少年の黒い馬」のみんなのレビュー

「少年の黒い馬」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。