少年と鮫

しょうねんとさめ
上映日
1980年6月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

南太平洋のボラボラ島を舞台にサメと少年の友情を描く。製作はラファエラ・デ・ラウレンティス、監督はフランク・C・クラーク。「チコと鮫」の原作者クレメント・リッチャーの小説を基にルイス・ラ・ルッソ二世とジム・カラバトソスが脚色。撮影はサム・マーティン、音楽はフランシス・レイ、編集はイアン・クロフォード、製作デザインはア・ニュイ・べン・テリーテハウ、海底場面撮影はジョン・マーリン・ジュニアが各々担当。出演はデイトン・ケイン、マレン・ジェンセン、キャスリーン・スワン、キーヒー・ファーデン、オリベリオ・マシェル・ディアス、ジョージ・タパレ、デビッド・ナクナ、ロバート・アタム、ボブ・スピーゲルなど。

「少年と鮫」のストーリー

南太平洋上の群島の一つボラボラ島。この島の深海にあるといわれている伝説の黒真珠にひかれて、ハワイから移り住んできたマニドウ(オリベリオ・マシェル・ディアス)は、11歳になる孫のチコヨ(ディトセン・ケイン)と共にこの島の入江で生活していた。マニドウは、ある日、チコヨに黒真珠のある場所を教え、チコヨがその深さまで潜れる力と勇気が出来た時、黒真珠はおまえのものになると告げた。数日後、漁師のひとりがサメに襲われ、サメは、漁師たちが投げたモリに傷つきその場を逃れて、サンゴを採っていたダイアナ(マレン・ジェンセン)に襲いかかろうとした。ダイアナは、この島で真珠の養殖をやっている金持ちの孫娘だ。彼女は危いところをチコヨに救われ、死に際のサメが生んだ1匹の子ザメをマニドウが持ち帰った。ダイアナはチコヨに救われたのが縁でチコヨの友達になり、サメの子は日ましに大きくなっていった。チコヨは毎日サメの子と泳いだり潜ったりして遊んでいた。やがて、ダイアナがアメリカの両親のもとへと去って行き、マニドウが自分の魂をサメに預けて息たえていった。チコヨはこのサメにマニドウと名づけ、生活を共にし、数年がたった。美しい娘に成長したダイアナが帰って来た。再会したチコヨは、危険を犯してマニドウに守られながら黒真珠を採り、それを首飾りにしてダイアナに贈った。一方、ダイアナの兄ジェフ(キーヒー・ファーデン)は、ダイアナの黒真珠を見て、金儲けを企むが、雇った男はサメに襲われ死んでしまった。黒真珠を採る仕事をチコヨに拒まれたジェフは、チコヨにダイアナと会うことを禁じ、マニドウを捕まえてしまった。海中に潜り、マニドウを救ったチコヨは、途中で酸素がきれてしまうが、危いところをダイアナに助けられ、2人は遠い島をめざして泳いでいくのであった。その後を寄り添うようにサメのマニドウがついていく……。

「少年と鮫」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「少年と鮫」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980年6月7日
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・プロ作品
配給 20世紀フォックス映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「少年と鮫」のみんなのレビュー

「少年と鮫」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。