小都会の女

しょうとかいのおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「運河のそよ風」「彼女の家出」のジャネット・ゲイナーと「愛と光」「歓楽の女王」のロバート・テイラーが主演する映画で、ベン・テイムス・ウィリアムス作の小説に基づいて「妻と女秘書」のジョン・リー・メイン、「影無き男(1934)」のフランセス・グッドリッチおよびアルバート・ハケット、「結婚の夜」のエディス・フィッツジェラルドの4名が協力脚色し、「ロビンフッドの復讐」「野性の叫び(1935)」のウィリアム・A・ウェルマンが監督にあたり、「男子牽制」のオリヴァー・T・マーシュと「小公子」のチャールズ・ロシャーが協力撮影している。助演者は「黄金(1936)」のビニー・バーンズ、「東への道」のアンディ・ディヴァイン、「支那海」のルイス・ストーン、「薔薇はなぜ紅い」のエリザベス・パターソン、「妻と女秘書」のジェームズ・ステュアート、フランク・クレイヴン、イザベル・ジュウェル、その他である。

「小都会の女」のストーリー

ケイ・ブラナンはボストンの近くのカーヴァルという田舎町に育 った。カーヴァルはフットボール季節の土曜日毎に、試合見物に行く都人士の往来のにぎわうほかは、単調無事であった。ケイはこの単調さが堪えられず、何となく都会の灯に憧れていた。エールとハーバードとの対抗試合のあった夕、ボストンの富豪医師の息子ボッブ・デーキンの自動車にひかれようとしたのが縁で、ケイはボッブに誘われてロードハウスへ行き、飲んで踊った。ボッブは泥酔してケイをボストンへ連れていくと言い張り、その途中のある町で結婚しようと言い出した。ケイは拒んだが酔ったボッブは承知しない。単調な田舎町の生活に飽きているケイはふと結婚する気となり、治安判事の司会で結婚してしまった。二人は途上で自動車中で眠ってしまい、夜が明けるとボッブはすべて忘れていた。ケイから話を聞いて驚いたボッブは、離婚すればわけはない、と言い、ひとまずボストンの実家へ赴いた。ボッブは父業を継いで外科医師として将来を嘱望されており、プリシラという社交界の令嬢と婚約していた。彼とケイの結婚は新聞記者に嗅ぎつけられたので、すぐ離婚しては物議を醸しそうであった。そこで6ヵ月間名ばかりの夫婦生活をすることとなった。そしてプリシラは6ヵ月間ヨーロッパへ遊びに行き、帰ったら、ボッブはケイと離婚してプリシラと結婚する約束だ。6ヵ月間ボッブと起居を共にして、ケイは彼を秘かに愛するようになったがボッブは自分も彼女を愛していることを気づかなかった。プリシラが帰ってきたので、ケイは故郷のカーヴェルへ帰った。ケイがいなくなってボッブは初めて自分にはケイがどんなに必要か判った。彼はカーヴァルへケイを迎えに自動車を飛ばしたのだった。

「小都会の女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「小都会の女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社輸入
レイティング

「小都会の女」のみんなのレビュー

「小都会の女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません