あの高地を取れ

あのこうちをとれ Take the High Ground!
上映日
1955年5月13日

製作国
アメリカ

上映時間
101分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「女群西部へ!」のドア・シャーリーが1953年に製作した色彩軍事映画。「拳銃魔」のミラード・カウフマンの脚本から「雨の朝巴里に死す」のリチャード・ブルックスが監督、「暴力団(1955)」のジョン・アルトンがアンスコカラーの撮影を、「紅の翼(1954)」のディミトリ・ティオムキンが音楽を担当した。「折れた槍」のリチャード・ウィドマーク、「謎のモルグ街」のカール・マルデン、「ブリガドーン」のエレイン・スチュワートが主演し、以下、「土曜は貴方に」のカールトン・カーペンター、「掠奪された七人の花嫁」のラス・タンブリン、「コロラド」のジェローム・コートランド、「謎のモルグ街」のスティーヴ・フォレストらが出演する。

「あの高地を取れ」のストーリー

テキサス州フォート・ブリッスの歩兵訓練所、入所したばかりの新兵たちは、ソーン・ライアン軍曹(リチャード・ウィドマーク)というとんでもない教育係にぶつかった。ライアンの苛責ない訓練ぶりは次第に新兵たちの反感を買った。彼の助手ホルト軍曹(カール・マルデン)の話によれば、ライアンは朝鮮戦線である高地を奪取したことがあり、それ以後新兵教育に当たっているが、海外勤務を希望しているとのことだった。しかし、今度の海外勤務願いも通らなかった。その憂さ晴らしに、ライアンはホルトとメキシコの町へ行き、射的や酒に寛いだ。2人はあるキャバレでジュリー(イレイン・スチュワート)という女に会った。その後またキャバレに行ったライアンは彼女が結婚した兵隊を棄て、その兵隊は朝鮮で戦死したことを知った。彼女は以来兵隊をあさっているとのことだった。翌日、ライアンとホルトは訓練中、ふとしたことからジュリーのことで言い争いをし、数日後の戦闘訓練中には殴り合いの大喧嘩をしてしまった。平静をとりもどしたライアンは謝ったが、ホルトの怒りはとけなかった。訓練が進むにつれライアンに対する新兵の反感は募る一方で、射撃の下手なトリヴァは彼に罵られて思わず銃先を彼に向けたほどだった。その夜、ライアンはジュリーのアパートを訪れ、いきなり彼女に接吻し、口汚く罵った。彼は兵隊だった夫を捨てた女を許せないと思っていたのだが、その心の底には彼女への愛情が潜んでいた。露営訓練の夜、ライアンに恨みをもっていた新兵ドーヴァは脱走しようとしてライアンに見つかってしまった。だがライアンはテントに帰れといい、自分の親父も脱走兵だったのだと告白した。ジュリーへの仕打ちを悔んだライアンが彼女のアパートを訪れたとき、彼女はそこを引き払っていた。ちょうど彼女のトランクを運ぼうとしていたタクシーに同乗した彼は、駅で彼女と見送りに来たホルトに会った。ライアンがジュリーに結婚を申しこむと、あなたは軍隊と結婚しているといってジュリーは去って行った。16週間の訓練を終えて1人前になった兵隊たちがフォート・ブリッスを出て行くとき、ライアンは今着いたばかりの新兵たちに例の嘲笑するような調子でがなり立てるのだった。

「あの高地を取れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あの高地を取れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
公開年月日 1955年5月13日
上映時間 101分
製作会社 MGM映画
配給 MGM映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「あの高地を取れ」のみんなのレビュー

「あの高地を取れ」のレビューを書く

「あの高地を取れ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。