将軍(1980)

しょうぐん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

戦乱の世が終わった1600年ごろの日本を舞台に、大閣秀吉亡き後の諸大名の動行と、漂着した1人のイギリス航海士が旗本になってゆく過程を描く。製作総指揮・原作は「大脱走」の脚本で知られるジェームズ・クラベル、製作・脚本はエリック・バーコビッチ、監督はTV『自動車』のジェリー・ロンドン、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はモーリス・ジャール、編集はジム・ヘッカート、製作デザインはジョセフ・ジェニングスが各々担当。出演はリチャード・チェンバレン、三船敏郎、島田陽子、フランキー堺、ダミアン・トーマス、ジョン・ライズ・デイビス、金子信雄、目黒祐樹、安部徹、高松英郎、宮口精二など。

「将軍(1980)」のストーリー

1598年、オランダからアメリカを目ざして出航した探険商船エラスムス号が、暴風雨に遇い難破した。日本の伊豆の漁村・網代に漂着した航海士ブラックソーン(リチャード・チェンバレン)は、領主の矢部(フランキー堺)と甥の近江(目黒祐樹)に保護され、エラスムス号は押収された。東に虎長(三船敏郎)、西に石堂(金子信雄)という二大勢力がしのぎをけずる中で、ブラックソーンの漂着は、大きな波紋をなげかけた。航海士という仕事から“按針”と名付けられたブラックソーンは、この規律を重んじる野蛮人に、はじめは戸惑いを感じた。やがて虎長の命令で大阪へ寄越することになったブラックソーンは、大阪城で初めて虎長と会い、虎長の迫力に圧倒された。彼は、ヨーロッパの情勢を熱心に語り、その結果、虎長はポルトガルが秘めている交易の裏の野望を知る。ブラックソーンの落ちついた態度に親近感を抱く虎長。そして、ブラックソーンはこの席上で通訳を勤めた美しい女性、まりこ(島田陽子)を知る。彼女は、広松(安部徹)の息子、文太郎(高松英郎)の妻であった。大阪城には陰謀が渦巻き、5人の大老の摂政会議も虎長派と石堂派にはっきり別れていた。特に他から抜きん出ていた虎長に対しては秘かに暗殺計画がねられていた。まりこ、ブラックソーン、虎長には連帯感が生まれ、やがて、度重なる石堂側の追撃を受けながら彼らはその感情を深めた。まりこの手助けで日本語を理解しようとするブラックソーンは、突然襲った大地震から虎長の命を救い、家臣200人、二千石の地位をさずけられ、帯刀を許された。夫、文太郎との愛がすっかり冷えていたまりこは、ブラックソーンへの愛を感じた。しかし、石堂側の猛襲を受けた際、まりこはブラックソーンの犠牲になり自ら死んでいった。残された手紙には、それが自分の運命であり、そのことで、ブラックソーン、そして虎長の役に立ちたかったと記されてあった。やがて世の中は関ヶ原の戦いにと突入していくのだった。

「将軍(1980)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「将軍(1980)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1980
製作会社 パラマウント・ピクチャー作品
配給 東宝
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「将軍(1980)」のみんなのレビュー

「将軍(1980)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「将軍(1980)」を観ているあなたにおすすめの映画