硝煙

しょうえん
上映日
1957年3月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

ロバート・ハーディ・アンドリュースの原作小説を「銀の盃」のレッサー・サミュエルズが脚色、「法律なき町」のジャック・ターナーが監督した西部劇異色篇。撮影は「征服者(1955)」のウィリアム・スナイダー、音楽は「死の脱獄者」のリース・スティーヴンス。主な出演者は「脱獄囚」のルース・ローマン、「誇り高き男」のヴァージニア・メイヨ、「風と共に散る」のロバート・スタック、「戦略空軍命令」のアレックス・ニコル、「裏窓」のレイモンド・バー、「征服者(1955)」のレオ・ゴードンなど。

みんなのレビュー

「硝煙」のレビューを書く

「硝煙」のストーリー

南北戦争前夜の1861年。コロラドの町デンヴァーへ1人旅のオウェン(ロバート・スタック)は、インディアンに襲われ危ういところを3人の旅人に救われる。旅人は、デンヴァーで洋裁店を開くというアン(ヴァージニア・メイヨ)、金鉱探しを表向きに金鉱地帯の動静探りに潜入した北軍将校カービー、それに南部嫌いのマスターソンの3人。デンヴァーについたアンは開店準備を始めるが、彼女を愛するカービーは何かと援助を与える。がアンの心は不思議な魅力の持ち主オウェンに傾いた。そのオウェンは、酒場の主ジャンボとカードの勝負の末、酒場を乗取った。それには彼に一目惚れしたジャンボの相棒ボストン(ルース・ローマン)の寝返りも力した。デンウァーでは折しも市民が南北両派に分かれ互いに半目していた。その中で金儲け一本槍のオウェンは南部人ながら争いを無視、ために両派の反感を買った。彼は一方でアンにひかれていたが、彼女と遠乗りの日、新発見の金鉱をごまかすジャックを見つけ射殺する。機会を窺っていたジャンボは、これを種に市民を扇動、オウェンを絞首刑にしようとする。しかしアンの弁護で市民は鎮まる。ところが、ジャックの遺児ゲーリー少年が父の死も知らずデンヴァーに来る。さすがに両親の呵責を感ずるオウェンは、ジャックの死因をぼかして少年を引き取る。少年は、よくなついた。やがて南北の対立が激化、戦争が始まる。カービーは逸早く北軍を組織、金鉱制圧に乗り出す。これを察知したオウェンはまた、南部派に脱出を勧め、金塊輸送用の馬を高値で売つける。金儲け主義のオウェンに南部派は怒るが、脱出隊を作って彼の倉庫に集る。しかしそれをカービーの北軍が取り囲む。この窮状を見ては、ウオェンも遂に南部人の感情を爆発させ、脱出隊に加わる。ボストンとゲーリーに別れを告げた彼は馬車隊を率い北軍の包囲を奇襲突破する。が、その頃、ボストンはジャンボに絞殺され、当のオウェンもカービーに捕らえられる。だがカービーも、アンと何の関係もないというオウェンの言葉に逃走路を教える。オウェンは何れの日か戦場での再会を約して独り去って行った。

「硝煙」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「硝煙」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年3月3日
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「硝煙」のみんなのレビュー

「硝煙」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。