ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5

しょーとさーきっとつーがんばれじょにーふぁいぶ
上映日
1989年2月11日

製作国
アメリカ

上映時間
111分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

落雷によるショックから人間の心を持つようになった軍事ロボット“ナンバー・ファイブ”が大都会にやってきて活躍する姿を描くシリーズ第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・マクドナルド、製作はデイヴィッド・フォスターとローレンス・ターマン、ゲイリー・フォスター、監督はテレビ界出身のケネス・ジョンソン、脚本は「ニューヨーク東八番街の奇跡」のS・S・ウィルソン&ブレント・マドック、撮影はジョン・マクファーソン、音楽はチャールズ・フォックスが担当。出演はフィッシャー・スティーヴンス、マイケル・マッキーンほか。日本版字幕は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。1988年作品。

「ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5」のストーリー

クリスマス商品の目玉に悩むシンプソン・デパートのおもちゃ部アシスタント・バイヤーのサンディ・バナトーニ(シンシア・ギブ)は、大都会の雑踏の中で、ベン・ジャベリ(フィッシャー・スティーヴンス)が売っている軍事用ロボット“ナンバー・ファイブ”のミニチュアに目をつけ、彼に納品を依頼するが、目を白黒させるベンに代わって1カ月で1000台もの製作を受け請ったのは、彼の隣でそれを聞いていた香具師のフレッド・リッター(マイケル・マッキーン)だった。不安気なベンに対して一獲千金を夢みるフレッドは、早速どこからか資金を調達し安く倉庫を借り受けるが、それが銀行地下に達しようとしている宝石強盗団のルートに巻き込まれてしまい、ベンたちは彼らから妨害をうけ途方にくれる。そんな彼らのもとに姿を現わしたのは、本物の“ナンバー・ファイブ”こと“ジョニー・ファイブ”。秀れた生産能力を持つ彼は次から次へとロボットを作りあげてゆくが、大都会への好奇心あふれるジョニー・ファイブは、ベンの目を盗んで外出したことにより人々の自分に対する冷たさを知り、人間不信に陥ってゆくのだった。そんな彼に都会でできた唯一の友だちがオスカー(ジャック・ウェストン)という男で、実は彼こそ宝石強盗の黒幕で、犯行にジョニー・ファイブのパワーを利用しようと企み、ベンとフレッドを誘拐し、銀行の金庫までのトンネルを掘らせる。サンディの機転で2人は監禁から救出されるが、逆にベンが強盗の一味と疑われ、一方用済みとなったジョニー・ファイブは、オスカー一味によって五体を破壊されてしまう。そんな彼を危機一髪のところで助け出すのはフレッドで、彼の修理によって一応の体の回復を得たジョニー・ファイブはオスカー一味を追跡、彼らを逮捕に追いつめるのだった。やがてエネルギー減少の危機をベンによって救われたジョニー・ファイブは、彼の願い通り市民権を与えられ、またべンもサンディに対する恋の成就を果たし、2人は幸せに包まれるのだった。(コロムビア/トライ・スター映画配給*1時間52分)

「ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1989年2月11日
上映時間 111分
製作会社 ターナー・フォスター・カンパニー・プロ作品
配給 コロムビア/トライスター映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません