パンダフルライフ

ぱんだふるらいふ
上映日
2008年8月30日

製作国
日本

  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

白黒のもこもこした巨体で、竹を食べてはぐうぐう寝てしまう。そんな愛らしいパンダの、知られざる生態と現状を追ったドキュメンタリー。記録映画とはいえ、菅野美穂のナレーションで綴られる本作は、あくまで“癒し系”テイスト。ころころと転がって遊ぶ子パンダたちに目を細めているうちに、誰もがパンダ博士になれてしまう。毛皮が世にも珍しい白黒柄になったワケ、熊の仲間なのに竹の葉っぱを食べる理由、意外な子育ての実態。そして、なぜ絶滅が危惧される存在になってしまったのか…。私たち日本人にとっても、なじみ深い存在のパンダ。だがその実際については、ほとんど無知だったことに改めて驚かされるはず。そしてたぶん、ちょっとだけホロリとさせられます。

「パンダフルライフ」のストーリー

和歌山県白浜にあるレジャー施設、アドベンチャーワールド。4歳の双子の雄パンダ・隆浜(リュウヒン)と秋浜(シュウヒン)は、性格がまったく違う凸凹コンビ。生まれてから1日も離れたことのない仲良し2匹は、父になる日に備え、母の故郷・中国に里帰りすることに。双子がやって来たのは、約60頭のパンダが家族ごとではなく年齢ごとに暮らしている、中国四川省成都の成都パンダ繁育研究基地。ここで暮らす個性的なパンダたちと、日本から引っ越してきた双子の1年を追う。

「パンダフルライフ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「パンダフルライフ」のスペック

基本情報
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008年8月30日
製作会社 「パンダフルライフ」フィルムパートナーズ(松竹=木下工務店=衛星劇場=ドキュメンタリージャパン)
配給 松竹
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー

「パンダフルライフ」のみんなのレビュー

「パンダフルライフ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?