ファクトリー・ガール

ふぁくとりーがーる Factory Girl
上映日
2008年4月19日

製作国
アメリカ

上映時間
91分

ジャンル
伝記

ここが見どころ

1960年代のミューズとして生きたイーディ・セジウィックの生涯を描いた伝記ドラマ。「カサノヴァ」のシエナ・ミラーを主演に迎え、「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」のジョージ・ヒッケンルーパーが監督した。そのほかの出演者は「メメント」のガイ・ピアース、「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンなど。

「ファクトリー・ガール」のストーリー

1965年。画家を目指すイーディ・セジウィック(シエナ・ミラー)は、ケンブリッジ美術学校を退学してニューヨークにやって来る。友人の誘いでギャラリーのパーティに出かけたイーディは、アンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)を紹介される。人々を惹きつけてやまない美貌とセンスを持つイーディに、ウォーホルは一瞬にして心を奪われた。イーディは、ニューヨーク・カルチャーが凝縮するスタジオ“ファクトリー”の仲間入りを果たし、ウォーホルの映画のカメラテストを受ける、やがて、ふたりはお互いに欠かせない存在になっていった。イーディ主演の映画が上映されると同時にメディアの注目を集めたイーディは、ヴォーグ誌と契約を結び、彼女のファッションスタイル全てが流行となった。しかし、そんな彼女を快く思わない厳格な両親は、ウォーホルに対しても批判的な態度を示すのであった。精神的に不安定なイーディは、次第にドラッグとパーティに身を委ねていく。そんなある日、大学時代の親友シド・ペパーマン(ショーン・ハトシー)からロック・スター、ボブ・ディラン(ヘイデン・クリステンセン)を紹介されたイーディは、新しい感情が芽生えるのを感じた。翌日の新聞には、ふたりの熱愛発覚記事が大々的に掲載、ファクトリー中に噂は広まった。しかし、周囲の人々とは全く違った価値観を持つディランにイーディは心を揺さぶられ、いつしかふたりは愛し合うようになる。そんな中、ウォーホルに批判的だったディランは、浮ついた世界に浸る孤独なイーディを現実に引き戻そうとするが、彼女は泣き叫ぶだけであった。イーディはますますドラッグにはまり、ついには自宅で火事を起こしてしまう。身も心もぼろぼろになった彼女にシドが1枚の写真を見せる。そこには、ニューヨークに来る前、夢と希望に溢れた画家志望のイーディがいた。彼女はニューヨークの街に飛び出し、どこへともなく走りだしていくのであった……。

「ファクトリー・ガール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ファクトリー・ガール」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2008年4月19日
上映時間 91分
配給 ファントム・フィルム=AMGエンタテインメント=エイベックスエンタテインメント
レイティング

「ファクトリー・ガール」のみんなのレビュー

「ファクトリー・ガール」のレビューを書く

「ファクトリー・ガール」の多彩なBlu-ray/DVD