スマイル 聖夜の奇跡

すまいるせいやのきせき
上映日
2007年12月15日

製作国
日本

上映時間
124分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

まったくの素人から、少年アイスホッケー・チームの監督となった青年と、そのメンバーの少年の淡い初恋を追ったスポーツと感動のクリスマス・ストーリー。原作・脚本・監督は、前作「ロッカーズ」でも評価を得た俳優の陣内孝則。主演は、「世界の中心で、愛をさけぶ」の森山未來と、「シムソンズ」の加藤ローサ。

「スマイル 聖夜の奇跡」のストーリー

タップダンサーを目指して上京したものの、膝の故障で故郷である北海道に帰って来た佐野修平(森山未來)。彼は恋人の山口静華(加藤ローサ)と結婚を望むが、彼女の父親はオーナーを務める少年アイスホッケーチーム「スマイラーズ」を道内大会で優勝に導くという条件を与える。スマイラーズは一度も試合で勝ったことがない弱小チームであり、修平もアイスホッケーのルールさえ知らない素人。静華との仲を裂くための無理難題ともいえるものだった。しかし、修平はあきらめなかった。得意のタップダンスを活かした奇抜な練習と戦略で、選手の少年たちを鍛えていく。そのなかのひとりで、エースの猪谷昌也(綿貫智基)は、同じリンクでフィギュアスケートを練習する少女・篠原礼奈(岡本杏理)を見初める。礼奈と昌也が心を通い合わせるまでに時間は掛らなかった。お互いの練習の合間を縫って、ささやかなデートを重ねる二人。やがて礼奈は、スマイラーズにとってアイドル的な存在になってゆく。クリスマスに開催される大会に向けて、さらなる猛特訓に励む選手たちだが、礼奈は病で倒れてしまった。病名は、急性リンパ性白血病。入院して難病を戦う礼奈を、スマイラーズのメンバー全員で励ます。「お前の病気なんて、俺たちが試合で勝つよりも簡単なことだろ? 弱気なことを言ってんじゃねぇよ!」大会での対戦相手は、強豪サンダーバーズだった。大人と子供ほど実力の違うチームとの試合に、スマイラーズは苦戦して前半戦で大差をつけられる。メンバーを鼓舞させるため、タップダンスで会場中を盛り上げる修平。それでパワーを得た選手たちは、なんとか逆転勝利する。しかし同じ頃、礼奈は天に召されていた。それから20年後、成長した昌也(坂口憲二)はプロアイスホッケー選手となっていた。昌也は、リンクでフィギュアスケートを舞う少女の姿を眺めながら、礼奈との遠い思い出の日々を振り返るのだった。

「スマイル 聖夜の奇跡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スマイル 聖夜の奇跡」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007年12月15日
上映時間 124分
製作会社 東宝映画
配給 東宝
レイティング
カラー/サイズ カラー

「スマイル 聖夜の奇跡」のみんなのレビュー

「スマイル 聖夜の奇跡」のレビューを書く

「スマイル 聖夜の奇跡」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません