シェナンドー河

しぇなんどーがわ
上映日
1965年6月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

ジェームズ・リー・バレットの脚本を、「マクリントック」のアンドリュー・V・マクラグレンが監督した南北戦争を背景とした開拓叙事詩。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はフランク・スキナーが担当した。出演は「シャイアン」のジェームズ・スチュアート、「若さでブッ飛ばせ!」のダグ・マクルーア、グレン・コーベット、パトリック・ウェインほか。製作はロバート・アーサー。

「シェナンドー河」のストーリー

1863年南北戦争のまっ最中、バージニア州ノース・アンナ河の流域で広大な農場を経営しているチャーリー(ジェームズ・スチュアート)は、戦争にまきこまれず厳然たる中立を守っていた。彼は妻なきあと7人の子供たちを、厳しい躾けと限りない愛情で育てあげ、奴隷制度も否定していた。ある日彼の家に南軍の将校が来て、息子たちの参戦を申しいれたが、彼はきっぱりと断った。息子ジェームズの妻アンに娘マーサが生まれ、1人娘ジェニーは南軍の将校サムと結婚したが、彼はその直後に戦場にかり出されてしまった。その頃一家に思いもよらぬ不幸がまい込んだ。「坊や」と呼ばれている末っ子が、偶然拾った南軍の帽子をかぶっていたばっかりに北軍の捕虜になってしまった。一家はいやおうなく戦争にまき込まれてしまい、彼らはジェームズ一家を残して捕虜収容所をたずねた。しかし「坊や」は仲間と一緒に脱走した後だった。情報をたよりにチャーリーたちは、北部に向かう南軍捕虜列車を襲撃し、護衛の北軍小部隊を撃破した。そして列車の中から出てきたのは、ジュリーの夫サムだった。チャーリーたちは「坊や」捜しをあきらめ農場に帰ったが、そこに待っていたのは南軍の歩哨の相手かまわずの発砲だった。長男ジェイコブが倒れた。そのうえ農場は掠奪者に襲われ、ジェームズ夫妻が殺害されていた。悲しみのチャーリーは、昔、妻や子供たちとよく行った教会に残された家族と共に出かけた。礼拝の最中、物音にふり返ると、そこには松葉杖をついた「坊や」が立っていた。来会者たちの賛美歌がいつまでもつづいた。

「シェナンドー河」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シェナンドー河」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年6月29日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「シェナンドー河」のみんなのレビュー

「シェナンドー河」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません