残酷欲情軍団

ざんこくよくじょうぐんだん
上映日
1973年5月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

好きになった女のために殺し屋組織に戦いを挑む1匹狼の物語。監督は「真夜中のカーボーイ」「黒いジャガー」の編集者ヒュー・A・ロバートソンの監督第1回作品。製作はバービス・アトキンズ、脚本はロン・エルダー、撮影はウィルマー・バトラーとジェリー・ピーターズ、編集はポール・L・エバンズが各々担当。出演はカルヴィン・ロックハート、ロザリンド・キャッシュ、ヴォネッタ・マギー、ポール・スティーヴンスなど。

「残酷欲情軍団」のストーリー

ディスク・ジョッキーのフランキー(カルビン・ロックハート)は、あるバーでメリング(ヴォネッタ・マギー)と知りあい、ベットを共にした。翌日、仕事を終えてアパートに帰ってくると、彼女は殺されており、部屋の中は引っかき廻されていた。彼は警察に連行されたが、弁護士の計らいで釈放され、早速事件をさぐり始めた。元愛人のテリー(ロザリンド・キャッシュ)の応援を得て、スミスという男を捕らえた。彼の話しによれば、メリンダはシカゴの地下組織のボス、ミッチ(ポール・スティーブンス)の情婦で、その組織の重要な秘密を握って逃げだした、というのだ。やがてミッチが飛来して、戦いが始まった。死闘はフランキーの勝利に終わり、ある殺人の証拠となるテープだけが彼の手に残った。しかし、そのテープも録音が失敗していることが分かり、何の役にもたたなかった。

「残酷欲情軍団」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「残酷欲情軍団」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973年5月12日
製作会社 アメリカ映画作品
配給 MGM映画
レイティング
カラー/サイズ カラー

「残酷欲情軍団」のみんなのレビュー

「残酷欲情軍団」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。