恋するマドリ

こいするまどり
上映日
2007年8月18日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

都会に住む男女3人が引っ越しをきっかけに知り合い、心を通わせていく、爽やかなラブストーリー。監督は、本作が長編デビュー作となる大九明子。出演は、「恋空」の新垣結衣、「プルコギ」の松田龍平、「バベル」の菊地凛子ほか。

「恋するマドリ」のストーリー

姉との些細なけんかから、美大生のユイ(新垣結衣)は一人暮らしをすることになった。ユイにとっては期待と不安がいっぱいの新しい生活だったが、決して好調なスタートとはいかなかった。人はいいけど要領と人相の悪い引越業者、引越しそばも受け取ってくれない無愛想な隣人たち、元の部屋に忘れてしまった大切なものなど、最初から受難だらけだった。忘れ物を取りに行った元の部屋の新しい住人は、いかにも大人な感じのかっこいい女性・アツコ(菊地凛子)だった。偶然にも、アツコの元いた部屋はユイが越してきた部屋だった。その頃バイト先で、ユイの部屋のすぐ上の住人で、物静かで一途な男性・タカシ(松田龍平)と出会う。最初は取っ付きにくいところもあったが、仕事に取り組む姿勢にユイは次第に惹かれていく。そんな出逢いの中で、ユイは次第にアツコには同性としての憧れ、タカシには異性への恋心を抱き始める。しかし、アツコとタカシにもそれぞれ悩みがあった。アツコには自分の夢のために恋人がおり、まだそのことを少し引きずっていた。タカシには失踪してしまった恋人がおり、未練が残っていた。しかもそれは、ユイの部屋の前の住人、すなわちアツコのことだった。運命的な出逢いは、奇妙な三角関係に一変する。ユイはアツコの居場所をタカシに伝えるべきかどうか悩む。大好きな二人には幸せになってほしいが、二人の幸せは自分の失恋も意味している。運命の決断を迫られたユイは、ある行動をとる……。

「恋するマドリ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋するマドリ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007年8月18日
上映時間 113分
製作会社 BALS/オフィス・シロウズ/バンダイビジュアル/テレビ朝日/幻冬舎/サニーサイドアップ/レプロエンタテインメント
配給 シネカノン/オフィス・シロウズ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「恋するマドリ」のみんなのレビュー

「恋するマドリ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません