ザ・リスク 甘く危険な賭け

ざりすくあまくきけんなかけ
上映日
1992年5月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

ギャンブルの世界に生きる青年が、ボスの愛人と恋に落ち、追い詰められていく姿を描くハードボイルド・サスペンス。監督はカート・ヴォス、製作はラリー・ラトナー、ガイ・ルーサン、ウィリアム・エワート。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイルズ・A・コープランド2世とポール・コリクマン。脚本はラリー・ラトナー、撮影はディーン・レント、音楽はデボラ・ホランドが担当。

「ザ・リスク 甘く危険な賭け」のストーリー

八百長レースにカモられて一文無しになったヘンリー(ピーター・バーグ)は、カウボーイジャック(M・K・ハリス)に大金が入るという話を聞かされ、つい乗ってしまう。その夜、ヘンリーは、ひとりの美しい女(ミッチェル・ジョンソン)に出会い、一夜をともにした。ヘンリーの仕事は、ボスのヘルワート(テレンス・スタンプ)の下で商売をしているノミ屋からの金の取り立てだった。危険のつきまとう仕事に嫌気がさしてやめようとするものの、再び賭けに負けて逆戻りするヘンリー。女に再会したヘンリーは、彼女がヘルワートの愛人で、彼の指示でヘンリーに近づいたことを知る。しかし、女はヘルワートから逃げ出そうとしていて、2人は真剣な恋に落ちて行く。やがて、2人の関係を知ったヘルワートは、ヘンリーを始末するようジャックに命令するが、ジャックはヘンリーを殺すことができず、自分が殺されてしまう。ヘンリーが駆けつけた時には、既に女も殺されていた。残されたヘンリーはひとりヘルワートに挑み、彼を倒して去って行くのだった。

「ザ・リスク 甘く危険な賭け」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザ・リスク 甘く危険な賭け」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1992年5月9日
製作会社 コープランド=コリクマン・プロ作品
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ザ・リスク 甘く危険な賭け」のみんなのレビュー

「ザ・リスク 甘く危険な賭け」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。