ザ・モンスター(1982)

ざもんすたー
上映日
1982年9月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ロサンゼルスを舞台に女をいたぶることを快感とし、娼婦の命をも狙うサディスティックな男の姿を描くバイオレンス・アクション映画。製作はブライアン・フランキッシュ、製作指揮はサンディ・ハワード、ロバート・レーメ、フランク・キャプラ・ジュニア、監督は「チャーリーズ・エンジェル」を始めとする人気シリーズの演出を手掛けてきたTV界出身のゲイリー・A・シャーマン。脚本はサンディ・ハワード、ケネス・ピータース、ロバート・ビンセント・オニール、撮影はジョン・オルコット、音楽はキース・ルビンスタイン。出演はシーズン・ヒューブリー、ゲイリー・スワンソン、ウィングス・ハウザー、ペペ・セルナなど。ヘムデール・レイジャー・コープが製作協力している。

「ザ・モンスター(1982)」のストーリー

プリンセスという愛称で呼ばれるカーラ(シーズン・ヒューブリー)は、単身この世界に生きる街娼だ。彼女には4歳になる娘がおり、そろそろこの稼業に見切りをつけようとしていた。娘を一足先に故郷に送り届けようとする彼女に、若い娼婦のジンジャーから電話がかかってきて、ラムロッドと組むのはイヤだと言う。ラムロッド(ウィングス・ハウザー)とは、この世界で最も悪名高いポン引きだ。娘を見送った後、洗面所で娼婦らしく身仕度を整え客を捜しに街へ出るプリンセス。その頃、ロス市警ハリウッド分署の風紀犯特捜班のベテラン、トム・ウォルシュ刑事(ゲイリー・スワンソン)のパトカーに若い女が助けを求めていると、緊急連絡が入る。現場に駆けつけるとジンジャーが凄惨なリンチを受けた無残な姿でころがり、ラムロッドの名を口にすると息絶えた。死体検死所でジンジャーの変わりはてた姿に対面したプリンセスは、ウォルシュ刑事から依頼された捜査協力を引き受ける。刑事たちが遠巻きに尾行監視を続ける中、プリンセスはラムロッドを遂に見つけ、誘われるまま彼のアパートに入る。ラムロッドがブリンセスの体に手を触れ始めた時、刑事たちが彼の部屋に押し入り逮捕した。逮捕に協力してくれたプリンセスにウォルシュ刑事が礼を言う間に、ラムロッドを護送する車が現場を離れていく。ウォルシュ刑事が一安心したのも束の間、ラムロッドは警察へ向かう車から脱走、雑踏の中に姿を消した。プリンセスらの罠にはまってつかまったラムロッドは、それを根にもち彼女をつけ狙い始める。一方、そういった事態を知らないプリンセスは、大邸宅に招かれ、変態趣味の老人の相手をさせられていた。ラムロッドは拳銃を手に入れると、プリンセスの友人のココにリンチをくわえ、プリンセスの行方をつきとめる。そのころプリンセスは老人の家を後にし、娘への土産を街で物色していた。ラムロッドは、そんな彼女に近付くと、プリンセスをむりやり車の中へ引き込み、ある倉庫に向かった。倉庫の一室に連れ込まれたプリンセスは、ラムロッドの容赦ない鉄拳をあびる。やがて彼女はベッドに四肢を固定され、ジンジャーにヤキを入れた針金のハンガーでおどされ始めた。その時、ウォルシュ刑事ら警察官が部屋へ突入するが、ラムロッドはまたもや逃げのびる。ラムロッド逮捕に命を賭けるウォルシュ刑事は、遂に車で彼を追いつめた。割れた車のフロント・ガラスから狙いを定めたウォルシュ刑事は、モンスターと化したラムロッドに数発の弾丸を撃ち込む。任務を果たしたウォルシュ刑事は、血だらけになって救急車に運び込まれようとしていたプリンセスに近づくと、ねぎらいの言葉をかけ、彼女を見送るのだった。

「ザ・モンスター(1982)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザ・モンスター(1982)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1982
公開年月日 1982年9月15日
製作会社 サンディ・ハワード・プロ作品
配給 松竹=富士映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ザ・モンスター(1982)」のみんなのレビュー

「ザ・モンスター(1982)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません