口裂け女

くちさけおんな
上映日
2007年3月17日

製作国
日本

上映時間
90分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

1970年代に社会現象にまでなった都市伝説「口裂け女」。過去に何度も映画化の話が持ち上がったが、どれも直前に中断していた。そんな「口裂け女」の物語を初めて描いたホラー作品。主演は、佐藤江梨子(「キューティーハニー」)、加藤晴彦(「回路」)、そして水野美紀(「踊る大走査線」シリーズ)。監督は「ノロイ」で新たなホラーの地平を切り開いた白石晃士。

「口裂け女」のストーリー

27年前、ある不気味な女の噂が、日本全国の子供たちを震え上がらせていた。「背が高く、髪が長く、トレンチコートを着て、白いマスクをした女が子供をさらう」「女がマスクを取るとその口は耳まで大きく裂けている」、そして女は子供たちに問う。「ワタシキレイ?」と。噂に怯える子供たちはその女を「口裂け女」と呼んでいた……。かつて日本全国を席巻した不気味な「口裂け女」の噂が、今また郊外のベッドタウン静川町で囁かれ始めていた。「口裂け女がこの町にやってきた」「口裂け女にさらわれると秘密基地に連れて行かれて、長いハサミで口を裂かれる」。やがてその噂は現実となり、子供たちが次々と消え去っていく。そして目撃者の証言から浮かび上がる犯人の姿は、まさに「口裂け女」そのものだった。騒動の中、目の前で子供を連れ去られてしまった教師・山下京子(佐藤江梨子)は、必死の真相究明に乗り出す。そんな折、同僚の教師・松崎昇(加藤晴彦)が見せた一枚の古い写真に、京子が目撃した「あの女」が写し出されていた。謎に包まれた女との因縁を隠し持つ松崎と、京子の二人によって徐々に紐解かれていく「口裂け女」の忌まわしい過去と誕生の秘密。やがて驚愕の真実が明らかになるのだった。

「口裂け女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「口裂け女」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2007年3月17日
上映時間 90分
製作会社 トルネード・フィルム/フォーサイド・ドット・コム/ツイン/メモリーテック
配給 トルネード・フィルム
レイティング

「口裂け女」のみんなのレビュー

「口裂け女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません