ザ・シンガー

ざしんがー
上映日
1979年9月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
伝記

ここが見どころ

1977年に突然この世を去ったロックンロールのスター、エルビス・プレスリーの波乱に富んだ青春を描く伝記映画。製作総指揮はディック・クラーク、製作・脚本はアントニー・ローレンス、監督は「ハロウィン」のジョン・カーペンター、撮影はドナルド・M・モーガン、音楽はジョー・レンゼッティ、歌はロニー・マクドウェルが各々担当。出演はカート・ラッセル、シーズン・ヒューブリー、シェリー・ウィンタース、ビング・ラッセル、ロバート・グレイ、バット・ヒングル、メロディ・アンダースン、チャールズ・サイファースズなど。

「ザ・シンガー」のストーリー

1969年7月。インターナショナル・ホテルの前に2台の高級車が止まり、中からサングラスをかけたエルビス・プレスリー(カート・ラッセル)が現れ、群がるファンをよそにホテルの一室へと消えた。部屋でテレビの画面を見つめる彼。妻のプリシラ(シーズン・ヒューブリー)が訪ねてきても、どこかよそよそしく、テレビを見つめたままだ。テレビでは、9年ぶりにはじまるエルビスのライブ・ショーに関するコメントを報じているのだ。彼は、今、そのショーのことで頭がいっぱいだった。1945年、ミシシッピー州のペロ。生まれてまもなく死亡した双生児の兄ジェシーの墓参りをする10歳のエルビス。彼は母グラディス(シェリー・ウィンタース)の愛情を一身に集め、幸せな日々を送っていた。13歳の時、テネシー州のメンフィスに移ったエルビスは、ヒュームズ高校でギターの弾き語りを得意とし、女性徒たちの人気を集めた。そしてガールフレンドのボニー(メロディ・アンダースン)にすすめられて校内バラエティ・ショーに出演し、みごと優勝する。1953年、高校を出たエルビスは、トラックの運転手として働きはじめるが、母の誕生祝いに近くのサン・レコードでパーソナル・レコードマイ・ハッピネスを吹き込んだ。黒人のフィーリングをもつと興味をもたれた彼は、1年後、社長のサム(チャールズ・・サイファーズ)の立ち合いでザッツ・オール・ライトを吹き込み、この時のエルビスのアクションに目をつけたトム・パーカー大佐(パット・ヒングル)は、彼のマネージメントを引き受けた。そしてメンフィスのローカル局からテネシー州一帯に、そしてRCAビクターへの移籍、ハートブレイク・ホテルの発売、TVエド・サリバン・ショー出演、ハリウッドの映画会社と長期契約と、またたく間に人気タレントになっていった。1958年、軍隊に召集されることになり、不安を抱いている時、最愛の母グラディスが亡くなった。軍隊,で西ドイツに行った彼は、14歳の少女プリシラと知り合い、彼女の両親に結婚の承諾を得た。除隊後22歳になったプリシラと結婚し、1年後に娘リサが誕生したが、マンネリした生活に不満をもち、徐々に彼の行動はすさんでいった。そしてプリシラとの間にいつしか深い溝ができていく…。1969年、エルビスはラスベガスのショーにそなえ、グループとレッスンを重ねた。そして、インターナショナル・ホテルの夜、白い衣裳でステージに立ったエルビスには、昔の熱気が甦えり、観客はおしみない拍手を送るのだった。

「ザ・シンガー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザ・シンガー」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1979年9月8日
製作会社 ディック・クラーク・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ザ・シンガー」のみんなのレビュー

「ザ・シンガー」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。