ザーレンからの脱出

ざーれんからのだっしゅつ
上映日
1962年7月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

イギリスの作家マイケル・バーレットの1960年出版の小説「ザーレンでの約束」を同じくイギリスのロビン・エストリッジが脚色、「反抗の渦」のイギリス監督ロナルド・ニームがアメリカ進出第1回作品として監督。政情不安のアラブ諸国を背景とした冒険映画。撮影はエルスワース・フレデリックス、音楽はリン・マレー。出演は「荒野の七人」のユル・ブリンナー、「栄光への脱出」のサル・ミネオ、「底抜けもててもてて」のマドリン・リュー、「十二人の怒れる男」のジャック・ウォーデンなど。「北北西に進路を取れ」のジェームズ・メイスンが特別出演している。製作はロナルド・ニーム。

「ザーレンからの脱出」のストーリー

動乱の絶えないアラブ諸国の中のある国で数人の囚人が刑務所へ警察自動車で護送されていた。囚人の1人はシャリフ(ユル・ブリンナー)という愛国運動のリーダーで政府から危険人物としてにらまれていた男だ。突然、一団の人々が警察自動車を襲った。指揮をしたのはアーメッド(サル・ミネオ)という大学生でシャリフの崇拝者。襲撃は成功、自由になった彼らはザーレン石油会社の救急車を乗っていた看護婦ごと奪い、町を脱出した。砂漠を越え、国境の向こうへ逃れようという彼らの一行は、シャリフ、アーメッドのほか、冒険好きのアメリカ人ヒューストン(ジャック・ウォーデン)とアラビア人タハール・ハッサン、それに心ならずも人質として同行の破目におちいった看護婦ライラ(マドリン・リュー)だった。そしてヒューストンは石油会社の社員で、会社から多額の金を奪って逃走の身、タハールは生れついての悪党、ハッサンは不貞の妻を殺した気の弱い小心者。妙な組み合わせだった。シャリフたちは追い迫る警察隊と戦い、やっと振り切るがハッサンは射たれて死ぬ。官憲の追及はなおもその手をゆるめない。照りつける砂漠の太陽に痛めつけられる一行。ガソリンがなくなる。給油パイプの中継所を襲いガソリンと食糧を補給、照りつける砂漠の太陽に痛めつけられながら一行がオアシスの近くまできたとき政府軍の飛行機に襲われ、車は炎上する。オアシスの中の部隊に駆け込み小型トラックを手に入れるが、そこへ政府軍の装甲車が2台現れる。激しい応戦。タハールは重傷を負って死ぬ。火炎ビンを急ぎ作り、それを小型トラックに載せて一行は砂漠へ乗り出す。機関銃と火炎ビンの応酬。しかし万事休す。そのとき砂嵐が巻き起こり一行のトラックはその中に逃げ込む。脱出は成功、国境を越えペルシャ湾にのぞむ港町に一行は着いた。ヒューストンは石油会社から奪った金を持って故郷へと去った。がシャリフは運動をつづけるため再び祖国潜入をはかる。今はシャリフを愛するライラも後につづくことを誓った。

「ザーレンからの脱出」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザーレンからの脱出」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1962年7月21日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ザーレンからの脱出」のみんなのレビュー

「ザーレンからの脱出」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「ザーレンからの脱出」を観ているあなたにおすすめの映画