三匹荒野を行く

さんびきこうやをゆく The Incredible Journey
上映日
1965年1月15日

製作国
アメリカ

上映時間
80分

ジャンル
冒険 ドラマ

ここが見どころ

シーラ・バーンフォードの原作をジェームズ・アルガーが製作・脚色、フレッチャー・マークルが演出した動物主人公のドラマ。撮影はケネス・ピーチ、音楽はオリヴァー・ウォーレスが担当した。動物監督はウィリアム・R・ケーラー、ハレック・H・ドリスコル、アル・ニーメラらがあたった。出演はブルテリア犬のボジャー、シャム猫のテーオなど犬と猫。

「三匹荒野を行く」のストーリー

カナダの小さな町。ハンター教授一家は夏の間、特別講座を頼まれてイギリスに行った。飼い犬のボジャー、ルーア、猫のテーオは、留守の間320キロも離れたジョンにあずけていくことになった。カナダに鴨解禁の日が来て、ジョンは家政婦に3匹の世話を頼む置き手紙をして狩猟に出た。淋しくなった3匹は、ハンターの家恋しさにジョンの家を後にした。2日目の夕方、年寄りのボジャーは疲れきって動けなくなった。他の2匹が獲物を探しに出たあと、熊がボジャーを襲った。だがボジャーの声をきいた2匹が恐ろしさも忘れて熊に飛びかかり、熊を撃退した。テーオが持って来た野鳥を食べてやっと元気をとりもどしたボジャーを伴い、3匹はまた歩きはじめた。数日後、広い川にぶつかり、ビーバーの作った橋を渡ったテーオが激流にのまれてしまった。ルーアは必死で後を追ったが見失い、2匹で旅を続けた。ところがテーオは山奥に住む少女に拾われて元気をとりもどし、少女が眠っている間に2匹を追って森に走った。そしてある朝、3匹は再会を、体をこすりつけ、じゃれあって、喜んだ。3週間たった。その間にもルーアが山あらしに怪我をさせられたりした。そして、険しい山越えを冬と共に迎えた。一方、猟から帰ったジョンは3匹の行方不明を知り、ハンター家の人々と共に森林警備隊や新聞社に頼んで必死に3匹を探したが見つからず、3匹のことをあきらめかけたが、ハンター家の長男ピーターの誕生日に3匹はやっと辿り着いた。一家と3匹は、抱きあってよろこんだ。

「三匹荒野を行く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「三匹荒野を行く」のスペック

基本情報
ジャンル 冒険 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1965年1月15日
上映時間 80分
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション映画
配給 ウォルト・ディズニー・プロ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「三匹荒野を行く」のみんなのレビュー

「三匹荒野を行く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「三匹荒野を行く」を観ているあなたにおすすめの映画