相棒 シティ・オブ・バイオレンス

あいぼうしてぃおぶばいおれんす The City of Violence
上映日
2007年3月10日

製作国
韓国

上映時間
94分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

少年時代を共に過ごした親友が故郷の小都市で何者かによって殺された。その報せを聞いたソウルの凄腕刑事はすぐにも帰郷し、真相を突き止めようとする。そんな彼と手を組んだのは、やはり少年時代の仲間でもあった命知らずの熱血漢。ふたりは過激な捜査を繰り広げながら、やがて事件の背後で暗躍する悪の正体を知り、壮絶な死闘に身を投じていく! 監督は「クライング・フィスト」のリュ・スンワン。

「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」のストーリー

韓国・ソウルの警察に勤務する刑事チョン・テス(チョン・ドゥホン)のもとに、郷里・忠清道(チュンチョンド)の小都市オンソンで暮らしていた旧友オ・ワンジェ(アン・キルガン)の訃報が届く。激務に追われ、過去のことなど顧みる余裕さえなかったテスもこの報せにはショックを受けた。早速休暇をとり、オンソンへ帰ったテスは斎場で少年時代の親友たちと再会する。ワンジェの葬儀をとりしきっていたのは、土地開発業を営むチャン・ピロ(イ・ボムス)。彼はワンジェの妻ミラン(キム・ソヒョン)の実兄だった。学生の頃からワンジェに助けられていたユ・ドンファン(チョン・ソギョン)、そしてその弟ソックァン(リュ・スンワン)も悲しみに暮れていた。テスはワンジェの死にまつわる話をピロから聞かされる。ヤクザだったワンジェは、刑務所暮らし、そして実母の死やミランの流産をきっかけに足を洗い、自らの組織をピロに預けたのち、小さなバーの店主となった。しかし店で暴れた少年たちを取り押さえようとして争い、逆に刃物で刺し殺されてしまったのだという。その事件現場に訪れるテス。彼の脳裏で、ワンジェ、ピロ、そしてソックァンやドンファンと過ごした懐かしい日々の記憶が甦る。一方、ワンジェを殺害したと目される少年たちは逃走を続けていた。ソックァンは大の恩人だった兄貴分ワンジェの仇を討つべく、彼らの足どりを探る。そしてテスもまたこの殺人事件に疑問を感じ、解決まで故郷オンソンに留まることにする。そんな中、ソックァンとテスは手を組み、過激な捜査を繰り広げていく。やがて明るみになる衝撃的な事実。しかし事件の証人たちは次々と消され、そのあげく、何の罪もないソックァンの家族までもが犠牲となってしまう。愛する者を奪われたソックァンとテスの怒りがついに爆発する。復讐に燃える2匹の獣は殺し屋の群れが待ち受ける敵の本拠地へ乗り込む……。

「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 韓国
製作年 2006
公開年月日 2007年3月10日
上映時間 94分
配給 エスピーオー
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」のみんなのレビュー

「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」のレビューを書く

「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません


「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」を観ているあなたにおすすめの映画