3人の女性

さんにんのじょせい
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「結婚哲学」に続くエルンスト・ルビッチ氏在独時代の片腕たりしハンス・クレーリー氏が台本を書いた三角恋愛劇である。3人の女性は「水塔の西」のメイ・マカヴォイ嬢と「燻ゆる情炎」のポーリン・フレデリック嬢、「結婚哲学」のマリー・プレヴォー嬢で、男は「離婚歓迎」のルー・コディ氏である。その他ウィラード・ルイス氏、メアリー・カー夫人等も助演している。尚助監督として「十番目の女」のジェームス・フラッド氏「包囲の中に」のスヴェン・ガーダ氏及びヘンリー・ブランク氏がウビッチュ氏を助けた。

「3人の女性」のストーリー

世の中の女性を分類すると娼婦型と母性型とに分ける事が出来るという。美しい寡婦メイベル・ウィルトン夫人は前者に属すべき女であった。娘のジャンヌを女学校の寄宿舎に追いやって、勝手気儘な日を送り、エドモンド・ラモントという彼女の財産を目当てにしている遊蕩児と親しくしていた。若く美しいジャンヌ、殊には自分のもとの定められた財産を持っているジャンヌがラモントの目に付かない筈がない。彼はジャンヌに近付いて行った。しばらくしてラモントは望み通りジャンヌと結婚したが、金に不自由なくなると持前の浮気が顔を出して、彼はハリエットという美人に近付いていた。やがて事の真相はジャンヌの知る所となり、ウィルトン夫人にも己が愚かさの為に娘を苦しめたのを悔やむ日が来た。夫人はラモントに娘と離婚する事を要求した。ラモントはこれを承知しないのみならず、却って夫人を侮辱したので、夫人はラモントを射殺した。裁判の結果、夫人は無罪を言い渡され、ジャンヌは昔馴染の医師フレッドと結婚する。

「3人の女性」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「3人の女性」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 中央映画社
レイティング

「3人の女性」のみんなのレビュー

「3人の女性」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません