アドベンチャーファミリー

あどべんちゃーふぁみりー
上映日
1977年2月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ロスアンゼルスからロッキーの山里へ移住した一家の大自然の中での生活を描く。製作・原作(二見書房刊) はアーサー・R・ダブス、監督・脚本はスチュアート・ラフィル、撮影はジェラルド・アルカン、音楽はジェーン・カウァー、ダグラス・ラッキーが各々担当。出演はロバート・ローガン、スーザン・ショウ、ホリー・ホルムズなど。本国公開原題は The Adventures of the Wilderness Family。

「アドベンチャーファミリー」のストーリー

大都会ロスアンゼルスで働くスキップ(ロバート・ローガン)は、娘の健康を考え、ロッキーの山中に移住する。山での生活はスキップの夢だったし、息子達にも大自然の中ですくすくと成長してほしかったからだ。はてしなく広がるロッキーの大自然、人里離れた生活が始まった。すまいは古い小屋、ここはアライグマの遊び場となってい、一家で寝起きするには狭いので、スキップは増築にとりかかった。ある日、スキップとトビー(ヘイム・ラーセン)は親グマをなくした子グマを連れて帰り、家族のメンバーに加えた。新しい家が完成した日、町から初めての郵便が飛行機より投下された。友人からの手紙、学校からの教科書。ひさしぶりの都会の匂いだ。ピクニックなどの楽しい日々、40キロ離れたところのブーマー爺さん(ジョージ・B・フラワー)は、凶暴な人喰いグマがいるからと忠告してくれた。数日後、彼の言葉通り、人喰いグマが現われた。母親のパット(スーザン・ショウ)と子供のジェニー(ホリー・ホルムズ)は命からがら逃げてきた。スキップが家に帰った時には、ジェニーが42度に近い高熱を出していた。ふもとの町へ通信機で医者を呼ぼうとしたが、あいにく通信機は故障。スキップはカヌーで川を下るが、天候が急転し、強風と濁流が、カヌーを奔流に呑みこむ。一方、嵐の中の山の一軒家では、家族が不安な一夜をすごしていた。そこへあの人喰いグマがやって来たのだ。窓をブチ破り、戸を壊しながら、家族を襲う。ライフルをかまえるパット。だが、そこへ以前一家でピクニックにいった時知りあった人なつっこいクマ、サンプソンがあらわれたのだ。嵐夜の中のクマの一騎打ち。サンプソンが勝った。恐ろしい一夜があけ、朝日がさんさんと降りそそぎはじめると、ジェニーの熱も下がり、スキップも医者と共に戻ってきた。たしかに自然の中は美しいが、きびしい。スキップは家族のため、都会へもどるかどうか悩んだ。だが、パットは笑い顔でみんなに語りかけた。『さあ、みんなで家の掃除よ! 』。空はもう秋だった。

「アドベンチャーファミリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アドベンチャーファミリー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1977年2月19日
製作会社 アーサー・R・ダブス・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「アドベンチャーファミリー」のみんなのレビュー

「アドベンチャーファミリー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。