全身と小指

ぜんしんとこゆび
上映日
2006年7月15日

製作国
日本

上映時間
109分

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

兄妹間の愛、誰にもいえない2人だけの秘密の恋を描いた禁断のラブストーリー。主人公に「ロックンロールミシン」の池内博之。妹・久美にモデルとしてカリスマ的な人気の福田明子。監督・脚本・原作は、「渋谷怪談」や「ベロニカは死ぬことにした」で才能を発揮する若き俊英、堀江慶。

「全身と小指」のストーリー

デリヘルのオーナー・純(池内博之)は、無気力な生活を続けながら、心理カウンセラーの武田(恵俊彰)の元へ通い続けていた。純は武田の前で“記憶喪失障害”を装っていた。そんな純の不可解な行動に気づいていた武田は、純と共に、記憶を探るため妹の久美(福田明子)と二人で写っていた写真を頼りに富士の樹海へ向かう。どうして純は久美とそんな場所に来たのか? その謎は明かされぬまま、純は7年ぶりに実家に帰ることを決意する。7年ぶりの再会を果たした純と久美。二人の間に流れるぎこちない空気……。「オレ…妹とセックスしたことある」“カウンセリング”の時間に突如つぶやく純。純は記憶喪失を装って、7年前の過ちを封印しようとしていたのだ。姉・美由紀(片岡礼子)は、純と久美の関係を知っていた。「本気なら間違ってもいいんだよ」その言葉が、純の心の箍(たが)を外してくれた。再び久美と向き合う事を決意する純。しかし、過ちを繰り返さないと決めた久美は、幼馴染のリョウ(赤堀雅秋)と結婚することを告げる。泣きじゃくる久美の美しい身体をむさぼる純。激しく、再び愛し合う純と久美。しかし、兄妹に悲劇が待ち受けていた……。

「全身と小指」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「全身と小指」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006年7月15日
上映時間 109分
製作会社 ニュー・シネマ・ジェネレーション
配給 ニュー・メディア・ジェネレーション
レイティング
カラー/サイズ カラー

「全身と小指」のみんなのレビュー

「全身と小指」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません