シルバー假面 第1話「はなやしき」

しるばーかめんだいいちわはなやしき
上映日
2006年12月23日

製作国
日本

上映時間
130分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1971年にTV放映された特撮変身ヒーロー番組『シルバー仮面』が、舞台を現代から大正時代に移し、主人公も男性でなく日独ハーフ美女にリニューアルした三部構成もの。“総監修”と第1話の演出に、「姑獲鳥の夏」の実相寺昭雄。第2話、第3話は、実相寺組ゆかりの北浦嗣巳、服部光則がそれぞれ演出する。出演はファッションモデルのニーナ。

「シルバー假面 第1話「はなやしき」」のストーリー

1920年(大正9年)。スペイン風邪、シベリア出兵、過熱する労働争議、米騒動などで、帝都・東京は騒然としていた。そこに不可思議な美女連続殺人事件が起こる。被害者の死体には赤血球が存在せず、高濃度のガンマ電磁波を浴びた状態だったが、地球上の物理学ではそんなことは不可能だった。若きエリート軍人・本郷大尉は諜報機関からの密命を受け、探偵小説家志望の友人・平井太郎(のちの江戸川乱歩)と共に浅草のダンテ劇場に潜入する。そこでは、目にまばゆい光の中、カリガリ博士が部下の眠り男チェザーレを使って奇妙なアトラクションを行っていた。楽屋裏で見た謎の人影を追ううちに、本郷はザビーネ(ニーナ)という日独ハーフの美女と出会う。カリガリ博士に操られた邪悪なクモ型宇宙人が本郷に襲いかかったとき、ザビーネは銀色の超人・シルバー仮面に変身し、宇宙人を撃退した。連続殺人事件の犯人はカリガリ博士だったのだ。ドイツ人の女性エリスと文豪・森鴎外の間に生まれたザビーネは、まだ見ぬ父を探してはるばるドイツから日本へやってきたのだった。彼女が変身に使う<ニーベルンゲンの指輪>は、使い方を誤ると人類を壊滅させるほどの底知れぬ力を持つという。そしてザビーネには、母エリスと共に町から町へとさすらった悲しい少女時代があった。巨大な飛行船を操り、再び帝都を攪乱する神出鬼没のカリガリ博士。ザビーネの持つ銀の指輪と、もう一つの金の指輪の両方がカリガリの手に入ったとき、地球を取り巻く磁性体ミッドガルドの波動が変調をきたし、人類は滅びてしまう。カリガリ博士、その部下・チェザーレ、宇宙人、鋼鉄の女性型ロボット・マリアなど、不気味なキャラクターが跋扈する中、帝都・東京とドイツを舞台に、物語は、奇想とスリルに満ちて展開してゆく。

「シルバー假面 第1話「はなやしき」」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シルバー假面 第1話「はなやしき」」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006年12月23日
上映時間 130分
製作会社 ジェネオンエンタテインメント
配給 ユーロスペース
レイティング
カラー/サイズ カラー

「シルバー假面 第1話「はなやしき」」のみんなのレビュー

「シルバー假面 第1話「はなやしき」」のレビューを書く