36時間(1964)

さんじゅうろくじかん
上映日
1965年3月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ロアルド・ダール原作の「犬にご用心」とカーク・K・ヒットマンとルイス・H・バンス共作のストーリーを「零下の敵」のジョージ・シートンが脚色・監督したスパイ映画。撮影は「ピンクの豹」のフィリップ・H・ラスロップ、音楽は「ローマ帝国の滅亡」のディミトリ・ティオムキンが担当した。出演は「セパレート・ベッド」のジェームズ・ガーナー、「栄光への脱出」のエヴァ・マリー・セイント、「ニューヨークの休日」のロッド・テイラー、ワーナー・ピーターズ、ジョン・バナーなど。製作はウィリアム・パールバーグ。

みんなのレビュー

「36時間(1964)」のストーリー

連合軍最高指令部のパイク少佐(ジェームズ・ガーナー)は独軍の動向を探るためリスボンに行ったが、そこで麻薬入りのコーヒーを飲まされ、気づいたときは病院にいた。鏡を見て愕然とした。別人のように変わっているのだ。主治医のゲルバー軍医少佐(ロッド・テイラー)の説明によると、すでに6年目をナチ政権滅亡以来経過しており、記憶喪失症で療養中だという。看護婦のアンナ(エヴァ・M・セイント)と二カ月前に結婚していた。ナチに拷問された彼女に同情したものらしい。だが、これが全部罠だったのだ。現実は大陸侵攻作戦の最中で連合軍の上陸地点がカレーかノルマンディーか探るため、パイクを掴まえて秘密をひきだそうとした作戦だったのだ。パイクは過去の記憶としてノルマンディー上陸を口にしたが、ゲルバーの失脚を狙うシャック(ワーナー・ピーターズ)は、カレー上陸を信じ、これを無視した。パイクはふと指の傷に気づいた。リスボンを出発前、作戦地図の端で切ったものだ。不審を抱いた。諜報員の感がひらめいた。アンナを責めてそのからくりを白状させた。計画の失敗でパイクとアンナは獄に入れられた。ゲルバーはあきらめず、獄中の2人を訪ね連合軍ノルマンディー上陸の偽ニュースを聞かせ、パイクの反応からノルマンディー侵攻を確認した。ゲルバーは2人を脱出させ、自殺した。パイクとアンナはあるドイツ人の計らいで無事スイス領に逃れた。追跡したシャックは、皮肉にも国境警備兵に殺された。ナチにいためつけられ、涙さえ渇いていたアンナに、「自由」が肌から感じられたとき、あふれ出る涙があった。心ならずもパイクをだました彼女に、敬愛と恋情が芽生えていたのであった。

「36時間(1964)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「36時間(1964)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1965年3月4日
製作会社 パールバーグ=シートン・プロ映画
配給 MGM
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「36時間(1964)」のみんなのレビュー



「36時間(1964)」を観ているあなたにおすすめの映画