• 映画DB トップ
  • 劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY

劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY

げきじょうばんぶりーちめもりーずおぶのーぼでぃー
上映日
2006年12月16日

製作国
日本

上映時間
93分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

死神の力を手に入れた高校生の戦いを壮大なスケールで描くバトルアクションコミック『BLEACH-ブリーチ-』の映画版。『BLEACH-ブリーチ-』は、2004年10月にはテレビ東京系列でアニメ化、2005年には第50回小学館漫画賞(少年向け部門)を受賞している。監督は『幽☆遊☆白書』の阿部記之。脚本は「交渉人真下正義」の十川誠志。声優は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の森田成一、「劇場版どうぶつの森」の折笠富美子、「グロヅカ」の森下千里。

「劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」のストーリー

霊が見えること以外ごく普通の15歳の高校生・黒崎一護(声:森田成一)の前に、死神・朽木ルキア(声:折笠富美子)が現れた。死神は、現世の迷える魂を葬送し、悪霊を浄化する、魂の世界からの使者である。『虚(ホロウ)』と呼ばれる悪霊から家族を守るため、ルキアから死神の力を譲り受けた一護は、“死神代行”として戦うことになった。ある日、一護たちの住む空座町(からくらちょう)で、認識不明の霊生物=“欠魂(ブランク)”が 大量発生。一護とルキアの前に、不思議な死神の少女・“茜雫(センナ)”が現れる。彼女は何を問われても、自分のことを語ろうとしない。その頃、尸魂界(ソウルソサエティ)の空に 突如“現世の街”が映し出される。護廷十三隊に第一級警戒態勢が発令され、緊張が走る。現世と尸魂界で起きたこれらの出来事は、世界が崩壊する前兆とされていた。世界崩壊とは、現世と尸魂界の均衡が崩れ、ふたつの世界が一瞬にして消滅することだった。そして、一護の前に現れた巌龍率いる闇の勢力“ダークワン”たちの恐るべき謀略が動き出す。世界崩壊まであと一時間。一護たちはこの世界を守り抜くため立ち上がり、闇の勢力との最終決戦が始まる。

「劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006年12月16日
上映時間 93分
製作会社 劇場版BLEACH製作委員会(テレビ東京=集英社=ぴえろ=電通=アニプレックス=東宝=バンダイ=セガ=ソニーコンピュータエンタテインメント)(アニメーション制作 Studioぴえろ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD
公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/bleach/first/

「劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」のみんなのレビュー

「劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」のレビューを書く

「劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」の多彩なBlu-ray/DVD