映画ドラえもん のび太の恐竜2006

えいがどらえもんのびたのきょうりゅうにせんろく Doraemon and the Little Dinosaur
上映日
2006年3月4日

製作国
日本

上映時間
106分

ジャンル
ファミリー

ここが見どころ

2004年まで25年間続いて来た声優陣を一新し、再スタートを切った映画新シリーズの第1作にして、旧シリーズの第1作をリメイクした長篇ジュブナイル・アニメーション。総監督は「MARCO 母をたずねて三千里」の楠葉宏三。監督は「\Pa-Pa-Pa/ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」の渡辺歩。藤子・F・不二雄による原作を基に、渡辺監督と楠葉総監督が共同で脚色。撮影監督に「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」の熊谷正弘があたっている。ヴォイス・キャスト主演に「トイレの花子さん」(大地丙太郎監督作)の水田わさび、映画初出演の大原めぐみ。ゲスト出演に「妖怪大戦争」(三池崇史監督作)の袖木隆之介、「いかレスラー」の船越英一郎。

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のストーリー

スネ夫に対抗して恐竜の化石探しをしていたのび太は、裏山の近くで恐竜のタマゴの化石を発見。孵化させてみると、なんと白亜紀の日本にいた“フタバスズキリュウ”という首長竜が生まれた!その恐竜の赤ちゃんに“ピー助”と名付けたのび太は、スネ夫やジャイアンを驚かせようとピー助を育て始めるも、すぐにピー助は公園の池でも飼えなくなってしまうほど成長し、町中が怪獣の噂で大騒ぎ。仕方なく、ドラえもんと共にピー助を白亜紀の日本に戻すのであったが、途中、ピー助を狙う謎の黒マスクの男に攻撃されたせいでタイムマシンが故障し、ピー助を間違って北アメリカに置いて来たことが判明する。そこで、ピー助を日本に送り直そうと、再び白亜紀の世界へ向ったのび太とドラえもん、そしてしずかちゃんたち。しかし、タイムマシンは故障したまま。ピー助を日本に送り届け、元の時代へ戻るには、のび太の家の机の引き出しと重なる位置まで大陸を渡って行くしかない。タケコプターを使っての長い旅だ。ところが、そんな彼らの前に金持ちに恐竜を売る黒マスクの男“恐竜ハンター”が立ちはだかり、ピー助を渡せとのび太たちに迫って来た。だが、強い友情で結ばれた彼らは力を合わせて恐竜ハンターをやっつけると、遂に自力で日本に到着し、タイムマシンの入り口も発見する。でも、そこはピー助との別れの場所でもあった。悲しく鳴くピー助を振り切って、タイムマシンに乗り込んだのび太たち─彼らは、無事に現代へ戻ってくる。

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のスペック

基本情報
ジャンル ファミリー
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006年3月4日
上映時間 106分
製作会社 藤子プロ=小学館=tv asahi=ADK=小学館プロダクション=シンエイ動画
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://doraeiga.com/2006/

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のみんなのレビュー

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません