銀色の髪のアギト

ぎんいろのかみのあぎと
上映日
2006年1月7日

製作国
日本

上映時間
95分

ジャンル
ファンタジー

ここが見どころ

植物に支配された未来世界を舞台に、人類との調和を取り戻そうとする少年と少女の戦いを描いた長篇ファンタジー・アニメーション。監督は、本作が初の劇場用作品となる杉山慶一。飯田馬之介による原案を基に、椎名奈菜と柿本直子が共同でシナリオを執筆。撮影監督に石黒晴嗣、撮影ディレクターに桑良人がそれぞれあたっている。ヴォイス・キャスト主演は、「この胸いっぱいの愛を」の勝地涼と「NANA」の宮崎あおい。

「銀色の髪のアギト」のストーリー

遺伝子操作によって植物を操ろうとした人類の愚かな“地球緑化計画”の失敗から300年――――荒廃した地球は、意志を持った“森”によって支配されていた。森との共存を模索する“中立都市”で暮らす少年・アギト(勝地涼)は、ある日、立ち入り禁止地域で少女・トゥーラ(宮崎あおい)と運命的な出会いを果たす。彼女は、300年間“ステイフィールド”と呼ばれる永久生命維持装置の中で眠りについていた過去の人間だった。そんな彼女の前に、森と敵対している都市“ラグナ”に住む、やはり過去から来た男・シュナック(遠藤憲一)が現れる。実は、地球緑化計画に携わっていた科学者、トゥローヌ・クム・サクル博士(田中秀幸)の娘であったトゥーラと、博士の研究仲間だったシュナック。彼は、トゥーラの持つ“ラバン”と言う鍵で、博士の開発した世界を正常化する装置“イストーク”を発動させ、文明社会を取り戻そうと言葉巧みに彼女を誘い出すのだが、イストークは火山の力を利用して環境を一度破壊した後に再生を促す危険なシステムだった。トゥーラを、そして世界を救うべく、森から“強化体”の儀式を受けるアギト。それによって強大なパワーを得た彼は、壮絶な戦いの末にシュナックを倒し、イストークを停止させることに成功する。そして、トゥーラと共に自分たちの手で世界再生への道を歩き出すのであった。

「銀色の髪のアギト」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「銀色の髪のアギト」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006年1月7日
上映時間 95分
製作会社 メディアファクトリー/GDH/松竹/Yahoo!JAPAN/テレビ朝日/電通
配給 松竹
レイティング
カラー/サイズ カラー

「銀色の髪のアギト」のみんなのレビュー

「銀色の髪のアギト」のレビューを書く