三週間

さんしゅうかん
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「あれ」「赤い髪」と同じくクララ・ボウ嬢主演。エリノア・グリン女史原作、クラレンス・バッヂャー氏監督になるモダン趣味の喜劇である。グリン女史の原作をジョン・ファーロウ氏が改作し、ルイズ・ロング女史とパーシー・ヒース氏とサム・ミンツ氏とが共同脚色した。ポー嬢を助けて「娘十八映画時代」「モダン十戒」のニール・ハミルトン氏、「素晴らしい果報者」「金髪騒動」のハリソン・フォード氏が共演するほか、ガイ・オリヴァー氏、エディス・チャップマン嬢が出演している。カメラは「ニューヨークの波止場」「紳士は金髪がお好き(1928)」のハロルド・ロッソン氏の担任。

みんなのレビュー

「三週間」のレビューを書く

「三週間」のストーリー

グレディス・オプライアンは電車の運転手を父親に持つ酒場の踊子である。彼女は貧民窟の長屋住まいが厭でたまらなかった。で往来で素敵な自動車に乗っている風采の立派な青年を見るとあんな男と結婚したいものと思うのだった。ところが彼女に見初められた青年はジェームズ・ゴードンという保険勧誘員で自動車は社長のものだった。縁は異なもので、その週末にグレディスはジェームズと百万長者のターナーの邸宅で落ち合った。ターナーはグレディスが働いている酒場の踊子を全部買い切って宴会を催したので、ジェームズは社長の命に依ってターナーを保険に加入させる為にきたのだった。ターナーはグレディスに思召しがあったので宴会が終わったあとも彼女を引き止めようとした。これを見かねたジェームズはターナーの鼻柱を蹴ったので保険勧誘はおじゃんになった。かくて二人は愛し合う仲となった。グレディスはジェームズを大金持ちと信じ切手家に帰って吹聴したので長屋ハこの噂で持ちきった。がやがてジェームズが貧乏であることが判ったので失望したグレディスは彼を喧嘩して別れてしまった。しかし母親に諭されて愛の尊さを思い返した彼女は自らジェームズを会社に訪ねたが彼は既に馘首されていた。彼女は社長を口説いてもしターナーを保険に加入させたらジェームズを復職させることを承諾させた。ジェームズは社長からこの事を利きこの週末にターナーを訪ねて九分通り勧誘に成功したが、この日前以てこの事を頼んだグレディスの姿を見ると彼は立腹して又もやターナーの鼻柱を殴って帰った。第三週目の終わりにはグレディスは失恋に泣きながら酒場で踊っていた。そこへジョームスがやって来て千ドルの小切手を突きつけてさっさと帰って行った。彼はターナーが自ら会社へ保険を申し込んだ為千ドルの報酬を与えられたのだが此間グレディスに忌まわしい行為があったと信じて怒っているのであった。グレディスは踊りの衣装のままで彼を追いかけ往来の真ん中で彼に真相を話して漸く納得させたのである。

「三週間」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「三週間」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 パラマウント
レイティング

「三週間」のみんなのレビュー

「三週間」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/2

ダン・バトラー(1954)

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

「プラトーン」「メジャーリーグ」のトム・ベレンジャーが伝説のスナイパー、トーマス・ベケットを演じる「山猫は眠らない」の続篇。監督はシャープで重厚なアクションシーンには定評のあるクレイグ・R・バクスレー。製作総指揮は「カットスロート・ハイウェイ」「ヴァンパイア・ハンター」監督としても知られているJ・S・カードネ。また製作のキャロル・コッテンブルックは公私共にカードネのパートナーである。もう一人の製作者は「トゥルー・ブルー」「D.N.A」のスコット・アイビンダー。前作に引き続き音楽を担当するのが「沈黙の戦艦」「D.N.A」のゲイリー・チャン。脚本はハリウッドの新鋭ライターチームのロン・ミタ&ジム・マックレインで、アクション大作「S.W.A.T」でも共同脚本を手掛けている。

ザ・ファン

人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。
ニック・チョン(1964)

インビジブル・スパイ

潜入捜査を描く香港のTVドラマ『使徒行者』のスピンオフシリーズ第2弾。警部チェンと警視イップは、世界中の警察にスパイを送り込むテロ組織を追うジャーナリストを保護。捜査に乗り出したところ、警視ジェンが潜入捜査官だったチェンを疑い捜査権を奪う。『使徒行者』スピンオフシリーズ第1弾である「ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官」から続きジャズ・ブーン監督のもと、ルイス・クー、ニック・チョン、フランシス・ンらが集う。「インファナル・アフェア」シリーズを手がけたアンドリュー・ラウ監督がプロデューサーを、「ゴールデン・ジョブ」のチン・ガーロウがアクション監督を務めた。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハード・ナイト

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督が放つバイオレンス・アクション。クリスマス・イブの香港。謎の武装グループが遺体検死中の監察医を襲撃。外部と遮断された密閉空間の中、不可解な要求を突きつけられた監察医たちは、危険な心理戦を仕掛けていくが……。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、『霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~』のヤン・ズー、「若葉のころ」のリッチー・レン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。