迷い婚 すべての迷える女性たちへ

まよいこんすべてのまよえるじょせいたちへ RUMOR HAS IT...
上映日
2006年5月27日

製作国
アメリカ

上映時間
97分

ジャンル
ラブロマンス
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

結婚をめぐるハートウォーミングなラブストーリー。主演はTVドラマ『フレンズ』のレイチェル役で人気を博したジェニファー・アニストン。シャーリー・マクレーン(「愛と追憶の日々」)やケビン・コスナー(「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」)など大物俳優陣が脇を固めている。監督は「恋人たちの予感」のロブ・ライナー。

「迷い婚 すべての迷える女性たちへ」のストーリー

「ニューヨーク・タイムズ」の記者サラ(ジェニファー・アニストン)は、恋人ジェフ(マーク・ラファロ)からプロポーズを受けて以来、気がめいっていた。結婚によって自分の可能性が閉ざされるような気がするのだ。姉のアニーの結婚式に出席するため故郷のパサデナに帰るサラ。その退屈な町で唯一サラの救いとなるのが個性的な祖母キャサリン(シャーリー・マクレーン)だ。結婚をためらうサラにキャサリンがふと漏らした秘密、それは今は亡きサラの母が結婚前にある若者と駆け落ちしていたという事実だった。祖母はそれ以上語らなかったがサラはその話からある結論に辿り着いた。30年前、パサデナでスキャンダルとなった事件があった。結婚式直前に、自分の母親が誘惑した若者と駆け落ちした娘の話。映画「卒業」のモデルにもなったその娘こそ、自分の母であったに違いない。自分の本当の父親は誰なのか? 両親の結婚の謎を探るべく、サラは、祖母が誘惑し、母が駆け落ちした相手、ボー(ケビン・コスナー)に会おうとサンフランシスコへと向かう。会ってみると、ボーはサラの父親ではなかったことが判った。しかし、その先には思いも寄らぬ展開が待ち受けていたのだった。

「迷い婚 すべての迷える女性たちへ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「迷い婚 すべての迷える女性たちへ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006年5月27日
上映時間 97分
製作会社 セクション・エイト=スプリング・クリーク
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「迷い婚 すべての迷える女性たちへ」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?