パパラッチ(2004)

ぱぱらっち Paparazzi
上映日
2006年4月8日

製作国
アメリカ

上映時間
84分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

極悪非道なパパラッチに家族を傷つけられた、若き映画スターの復讐を描くアクション作品。主演は「タイガーランド」のコール・ハウザー、「エンド・オブ・デイズ」のロビン・タニー、「プライベート・ライアン」のトム・サイズモアなど。監督は本作が劇場映画デビューとなるポール・アバスカル。尚、製作は「ブレイブ・ハート」でアカデミー作品賞、監督賞をも受賞したトップスター、メル・ギブソン。

「パパラッチ(2004)」のストーリー

新作映画のプレミア会場に現れた主演俳優ボー・ララミー(コール・ハウザー)にフラッシュと喝采の嵐が浴びせられる。新たなスター誕生の瞬間だ。ボーは妻アビー(ロビン・タニー)と息子のザック(ブレイク・ブライアン)と共に郊外の新居で何不自由ない生活を始めた。しかし名声の代償はすぐにやってきた。盗撮された全裸写真の流出。パパラッチの格好な標的にされたボーは怒り、サッカー場で盗撮しようとしていたカメラマンに暴力を振るってしまう。しかしそれすらも罠だった。その場面を他のカメラマンたちが撮っていたのだ。パパラッチ界のカリスマ・レックス(トム・サイズモア)はボーに和解金と謝罪を要求する。ボーがそれを拒むと、レックスは卑劣な手段に訴えた。ボーの一家が交通事故に遭うように仕向け、更にその現場を写真に収めたのだ。妻子は重傷を負い、警察は証拠不十分でレックスを逮捕できないという。平静を装って新作の撮影を続けるボー。しかしその後も、根も葉もないゴシップ写真や盗撮はボーを苦しめ続けていた。そんなある日、レックスの仲間が不審な死を遂げた。それは家族を傷つけられたひとりの男の、誇りを賭けた復讐の始まりだった。

「パパラッチ(2004)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「パパラッチ(2004)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2006年4月8日
上映時間 84分
製作会社 20世紀フォックス映画=アイコン・エンタテインメント・インターナショナル
配給 日活
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「パパラッチ(2004)」のみんなのレビュー

「パパラッチ(2004)」のレビューを書く

「パパラッチ(2004)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/31

イ・ジョンヒョク(1974)

ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ

「探偵なふたり」のクォン・サンウ主演によるラブコメディ。“離婚式”を経て、夢にまで見たシングルライフを満喫するヒョヌ。だが、6か月ぶりに元妻ソニョンと再会、第二の結婚のような危険な生活が始まった。そんななか、旧友で恋愛音痴のサンチョルが現れ……。共演は『パーフェクト・ボウル 運命を賭けたピン』のイ・ジョンヒョン、「お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ」のイ・ジョンヒョク。監督は『用意周到ミス・シン』のパク・ヨンジプ。

お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ

母親が遺した一冊の料理帖から浮かび上がる、家族への複雑な想いと愛情を映し出すヒューマンドラマ。惣菜屋を経営するエランと、非常勤講師の息子ギュヒョンとは冷ややかな親子関係が続いていた。そんなある日、突如エランにアルツハイマー病の兆候が現れ……。出演は「美しき野獣」のイ・ジュシル、「飛べない鳥と優しいキツネ」のイ・ジョンヒョク。監督は「犬どろぼう完全計画」のキム・ソンホ。『京都国際映画祭2018』、第31回東京国際映画祭提携企画『コリアン・シネマ・ウィーク2018』にて「母のノート」のタイトルで上映。
マイケル・ビーン(1956)

フルリベンジ

2012年ファンタジア国際映画祭で上映されたチリ映画を、「ターミネーター」のマイケル・ビーン製作・主演でリメイクしたバイオレンス。父親に虐待されて育った姉妹による復讐劇。監督は、チリ版も手掛けたパトリシオ・ヴァラダレス。出演は、ドラマ『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』のジャニーン・カスパー、「マチェーテ」のエレクトラ・アヴェラン。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

エイリアン2 完全版

シガーニー・ウィーバー主演のSFホラー第2作。1986年公開時のものに、ジェームス・キャメロン監督自ら未公開シーンを加え再編集した。

NEW今日命日の映画人 7/31

ジャンヌ・モロー(2017)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。