去り行く男

さりゆくおとこ JUBAL
上映日
1956年2月25日

製作国
アメリカ

上映時間
101分

ジャンル
西部劇
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「シェーン」と同様、放浪の男を中心とした西部劇で、ポール・I・ウェルマンの小説をラッセル・ヒューズと「太鼓の響き」のデルマー・デイヴスが共同脚色し、デイヴスが監督した。撮影は「長い灰色の線」のチャールズ・ロートン・ジュニア、作曲は「悪人と美女」のデイヴィッド・ラクシン。主な出演者は、「暴力教室」のグレン・フォード、「四角いジャングル」のアーネスト・ボーグナイン、「波止場」のロッド・スタイガー、新星ヴァレリイ・フレンチとフェリシア・ファーなど。

みんなのレビュー

「去り行く男」のストーリー

西部の流れを歩く放浪の男ジューバル(グレン・フォード)は、ロッキーの山の中で崖から落ちて気を失ったが、運よくその場を通りかかったシェップ(アーネスト・ボーグナイン)に救われた。やがて、元気になったジューバルはその牧場で働くことになった。シェップの妻メイ(ヴァレリイ・フレンチ)は、もともと淫奔な女で、夫をあざむいて牧童のピンキー(ロッド・スタイガー)と通じ、いつか夫をなきものにと考えていたが、ジューバルを見て心を動かした。ジューバルの腕がよいので、シェップは彼をカウボーイ頭にした。ピンキーはジューバルを目の仇にした。メイは、牧場を2人のものにしようと口説いたが、ジューバルは相手にせず、シェップは命の恩人なので騒ぎの起こらぬようにと、旅立つ決心をしたが、事情を知らぬお人好しのシェップは離さない。そうした矢先、ローハイダーズと呼ばれる狂信的宗教団体の一行がやって来て、この牧場に野営した。ピンキーたちはこの一行を追い払おうとしたが、病人のいることを知ったジューバルは、快く病人の治るまで牧場にいる許可を与えた。ジェーバルは、リーダーの娘ナオミ(フェリシア・ファー)の美しさに心惹かれた。ある夜、シェップ以下全員が野営している所にメイが手紙が来たという口実でやって来た。実はジューバルの顔が見たくて来たのだが、それを知らぬシェップは、ジューバルにメイを家まで送らせた。ピンキーは、メイとジューバルがあやしいとシェップにたきつけ、彼が家に帰ってみると、メイは振られた腹いせに、彼と関係が出来た、と言い放った。怒ったシェップは酒場へ急ぎ、無言でジューバルに発砲した。やむなくシェップを倒したもののジューバルも傷を負い、リーダーの所に隠れることになった。ピンキーは保安官に訴え、メイに報告に行ったが、メイはかえって怒った。ナオミの看護を受けたジューバルが、メイに会って身のあかしを立てるために家に行くと、メイはピンキーに重傷を負わされていた。そこにピンキーや追手がかけつけたが死の直前メイの証言によってピンキーは捕らえられた。ジューバルはナオミとともに、平和の待つ新しい土地へと馬を走らせた。

「去り行く男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「去り行く男」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1956年2月25日
上映時間 101分
製作会社 コロムビア映画
配給 東宝=コロムビア
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「去り行く男」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。

「去り行く男」を観ているあなたにおすすめの映画