ありふれた愛のおはなし

ありふれたあいのおはなし Empty Days
上映日
2006年7月15日

製作国
フランス

上映時間
105分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ふと恋に落ちていく男女の心の機微を鮮やかに描き出すフランス流恋愛映画。平凡な失業主婦を非凡に演じるのはヴァレリア・ブルニ=テデスキ(「乳母」)。そしてその相手役は「ロベルト・スッコ」での演技が記憶に残るパトリック・デリゾラだ。監督は「だれも私を愛さない!」でセザール賞の第一回監督賞にノミネートされるという栄誉を果たしたマリオン・ヴェルヌー。

「ありふれた愛のおはなし」のストーリー

リストラされ失業中の元管理職の男ピエール(パトリック・デリゾラ)と、同じく失業中で労働者階級の女マリー(ヴァレリア・ブルニ=テデスキ)。二人はスーパーマーケットで知り合った。それぞれ家庭を持ちながらも、同じような境遇にいることが手伝って次第に親密になっていく二人。デートともいえないようなデートを繰り返すピエールとマリーに、周りの友人たちは訝しげな視線を向けるようになっていく。ある日、ピエールが採用試験の最終選考に残った。すぐマリーに報告するピエール。クリスマス休暇に入り、ピエールはスキーに出かける。一方マリーは夫とうまくいかず、荒れた気持ちで新年を過ごしていた。そんな彼女の元にピエールから電話がかかってくる。しかしそれは彼の不採用の知らせだった。そしてその後、二人は初めて口づけを交わすのだった……。しばらくしてピエールから「すべてを無かったことに」という申し出があった。結局は、どうにもならない男と女のよくある話だったというのだ。二人の落ち着かない日々が過ぎていく。そしてある日、いつものスーパーマーケットで家族連れで来ていたピエールとマリーがふとすれ違った……。

「ありふれた愛のおはなし」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ありふれた愛のおはなし」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1999
公開年月日 2006年7月15日
上映時間 105分
製作会社 ADRプロダクションズ=カナル・プラス=CNC
配給 ワイズポリシー
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ありふれた愛のおはなし」のみんなのレビュー

「ありふれた愛のおはなし」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。